イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

モルタル下地の養生期間

またまた本日も引き続き、静岡県小山町の新築注文住宅現場から。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

昨日のシックイのモルタル下地の補足に。

こちらのお宅はご覧の通り、

腰壁に、いつもの燃えない処理が施されたウエスタンレッドシーダー。
その上が高知産のシックイ。

漆喰の白と、グレーに塗ったレッドシダーが、いい感じに仕上がってくれるはずです。

で、もう少しここの場所の時間を巻き戻しますと、

こんな感じ。
腰壁のレッドシダーは防腐塗装がされる前。

そして、モルタル下地の、更にその下地の「木摺り」とか「アラシ」とか言われる部分が見えます。

この木の下地に防水紙を貼り、メタルラスと呼ぶ金網を張り、そして、昨日のモルタル下地です。

で、それからシックイとなるのですが、シックイを塗る前に、このモルタルを十分に乾かさなければいけません。

モルタルは、宿命として乾燥収縮するので、その際に微細なヒビ(髪の毛のように細いのでヘアークラックと言います)が出来ます。

それがこれ。
ヘアークラックは、防水上も問題ないこととされていますが、やはり美観を損ねるのも事実。

そこで、2,3週間、十分に乾燥させ、ヘアークラックを出し切って、漆喰塗りに入ります。
この辺が、湿式工法の工期が縮められない部分。
マクスの家の泣き所です。

でも、やっぱり、じっくり丁寧に建てたいですよね。

 

【富士市・小山町 OBさん宅訪問見学会+珪藻土補修実演会】

恒例の勉強会【家づくり教室】モデルハウスにて

2018年04月12日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.