イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

軒下の雨に濡れない空間

インフルで話が中途半端になってしまったのですが、先週の続きで、現場は、静岡市蒲原の新築注文住宅からです。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

写真では分かりませんが、現場に行ったのは土砂降りの日。

先週末のエントリーで、吹抜けのメリットとデメリットについて書かせていただきましたが、こちらの吹抜けを下から見えがると、

こんな感じ↑に南側の軒先が見えます。

軒は樋まで入れると1.4mせり出していますので、夏は暑い日差しを遮ってくれますし、当然この日のような雨の日でも、簡単には吹き込まないわけです。

こちらは玄関へのアプローチ。

軒下の空間なので、全く濡れません。
雨の日には大変助かります。

このような空間は、建ぺい率の計算には含まれますが、床面積には含まれません。
でも、当たり前ですがこのような空間はタダで出来るわけではありません。
むしろけっこうお金かかりますよね。

ですから、工事費を床面積で割って、「坪単価」をだそうとすると、こういう空間があったり、軒が深く屋根が大きかったりすれば、同じ床面積だとものすごく割高になってきます。

床面積など、何の意味もないわけです。

 

25日の日曜日は、富士市大渕のモデルハウス、予約無しで見学できます。
モデルハウスも軒が深いです。
雨が降ればその意味が、晴れればパッシブソーラーの効果が、それぞれ分かると思います。

2018年02月14日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.