イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

木のベベルサイディング

本日は、富士宮市の新築注文住宅「二階リビングの家」から。
「自然室温で暮らせることを目指す びおハウス」です。

上棟後の初めてのアップですが、上棟のときにはなかった下屋が出きて、建物の趣が随分変わりました。

これなら、雨の日でも、ゆったり傘を畳んで玄関に入れますね。

作業は現在、外壁の施工中。

外壁はいつものマクスの定番、燃えない処理を施したウエスタンレッドシーダー。

木のベベルサイディング、と言います。

ベベルは英語で傾斜とか斜面とか、つまり、斜めということ。
木の断面が斜めになっているのがおわかりかと。

この材料は、カナダから輸入しているのですが、雨水を切って外壁材を長持ちさせる伝統的なデザインで、寸法はもう百何十年とか、ずっと変わっていないのだそうです。

「木はメンテナンスが大変じゃないですか?」
とよく質問を受けるのですが、とても腐りにくいので、建ててからのメンテナンスは逆に大きく減らすことが出来ます。

「本当かよ!?」
って?
はぃ、証拠は今度の構造見学会の時にご覧に入れましょう!

下から貼ってゆきますが、上の方は青いですね。

8日のブログにも書かせていただきましたが、特徴は、幅広で厚くて丈夫で耐候性が高く、湿気を排出しやすいのに外部からの湿気を通しにくい一方向指向性(うーん、わかりにくい)。

これも、日本で売っていないので、アメリカからの輸入品です。
(でも、安心のスタイロフォームブランドです。)

なぜこういった材料を使うのか?
はぃ、それは構造見学会でお話します!ぜひご予約を(笑)。

家づくりで大事なところは見えなくなる!
太陽熱で床暖房のパッシブソーラーのある家の構造見学会です。

湯布珪藻土の良さと、施工と補修のノウハウを習得、さらに広島お好み焼きも食べよう!

2017年09月19日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.