イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

沼津市の注文住宅の上棟風景続き

沼津市の大開口窓のある大屋根のお宅は先週の上棟。
先週もご紹介いたしましたが、その続きを。

s-16113001

昨日ご紹介したコンパクトなお家と比べて、逆にこちらはとても大きい。
屋根は倍以上です。

s-16113002

断熱工事もとんでもないことに…。
マクスの特注の木質断熱材。
北海道のカラマツチップから出来ているので、吸放湿性に優れるだけでなく、
60kg/m3と熱容量が大きいため、熱しにくく冷めにくいという特徴を持っています。

s-16113003

パッシブソーラーの『びおソーラー』も取り付けますが、その様子はまた後日。

s-16113004

屋根下地(杉三層積層板:Jパネル)の上に桧で下地を作り、まずは12cm。

s-16113005

熱橋にならないように(熱を伝えにくいように)、桧の下地の方向を変えて、二層目の12cm。

s-16113006

かなり大変ですが、こうして24cmの厚みの断熱層を作っていきます。

屋根の断熱性能は、熱抵抗値、という数値で表せます。

熱抵抗値=0.24m(厚さ) ÷ 0.039W/mk(熱伝導率) × =6.15W/k
静岡(?地域)の次世代断熱基準に求められる屋根の性能(4.6W/k)を、3割以上と大きく上回ってます。

北海道の高断熱住宅(木造)の屋根の熱抵抗値が6.6W/k、天井断熱だと5.7W/kですから、サッシの強化(トリプルガラスの樹脂サッシ)と合わせ、かなりいい線いってると自負しております。

s-16113007

というわけで、防水まで終了。
パッシブソーラーシステムが乗るので、南面は一部ブルーシート併用。

さて…。
今頃、富士のお宅の方で、この断熱工事、やってるなぁ…。
どっしよっかな?(…行けよっ!)

2016年11月30日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.