イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

造成地での地盤調査

1つの家づくりが終われば、1つの家づくりが始まります。
毎回、心を新たに、もっと良い家を、もっと素敵な家を、と努力しております。

造成地の地盤調査

富士市で始まる、新築住宅の現場です。
工事のはじめは、やっぱり地盤調査です。

今回、背景をぼかしているのは、背景のお宅に焦点をあてたお話しなので。

造成前の地盤

はぃ、同じ背景ですね。

造成前は田んぼだったのが分かります。

当然ですが、田んぼや畑は柔らかく、そのままでは新築住宅の建設には不向き。
造成前はどうだったか???

今は便利な世の中ですね。
造成からそんなに時間が経っていなければ、グーグルマップを見ると分かりますね。

さて、そんなわけで、柔らかい土の上に、数十cm土が盛られた造成。

結果やいかに…?と心配でしたので、地盤調査に立ち会ってきました。

新築工事 地縄

敷地に、実際に建てる建物の位置を、紐を使って書いています。
地縄(じなわ)と呼んでします。

敷地に対して平行ではないですね…。
この辺は勉強会でのネタになりますので、不思議に思った方は、是非24日の勉強会にご参加下さいませ。
ご予約は記事の下にございます。

新築工事 地盤調査 SS

で、地盤調査開始。

建物の四隅と中央を狙って、この様な鉄のヤジリを差し込みます。

機械自体の重さが、可動部のみで約50kg、上の写真の丸い重りが、一個25kgで計50kg、合わせて100kgの重量に加え、機械で回転させながらヤジリが潜ってゆく深さと速さで地盤の強度を調べます。

新築工事 地盤調査 畑の深さ

問題の『昔の田んぼの高さ(深さ)』に到達したら、さらに念を入れて、測定者(70kg超級)も載って、合計170kgの重さがヤジリに集中、そしてグリグリ回転。

結果は地盤補強無しでOK!(嬉)。

4/17(日) 静岡で1番の断熱性を目指す、マクスのモデルハウスの構造見学会富士市 構造見学会 超高断熱住宅

4/24(日)恒例の勉強会でございます
静岡県富士市 マクス 家づくり勉強会

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.