イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る
ビオブログ

サバの干物作りリベンジ

本日から、七十二候は、立春の末候で【魚上氷(うおこおりをいずる)】です。

春の暖かさで、湖や川の氷が割れ、氷下で泳いでいた魚が、氷の上に跳ね上がる頃、という意味。

というわけでさっそく、今年の釣りはじめです!
今年もいい釣りできますように…。
寒ぁーぶっ!!!

お日様が出てくると、なんとか我慢できますが、それでもこの時期、海の上で風が吹くと、泣きそうになるくらい寒い…。

そんななか、

小学校時代からの釣り仲間、船長の山ちゃん、大きめのオニカサゴゲット!
棘にかなりの毒があるけど、猛烈にうまい高級魚。
ちなみに、私は釣ったことがない夢の魚…。

私は…

高級魚ではない、庶民の味代表、サバゲット!
でも、結構太っていていいサイズ。

この日の私の釣果、サバ×2、イトヨリ×1、その他雑魚。
まぁ、この時期の釣りなら坊主じゃなきゃ上等。

さっそく、昨年からの持ち越しでありました、サバの干物作りにチャレンジです。
前回の失敗例【サバの干物作りに挑戦】

塩分10%で30分、が基本みたいですが、丸々太っていたので、ちょっと濃い目にして1時間ほど漬け込みました。

 

そして今回は、こいつを使ってみました。
オカモト株式会社の食品用脱水シートの「ピチット」

切っちゃだめ、って書いてある意味がわかりました。
二重構造になっていて、内部がしっとりしています。

ちなみにオカモト株式会社といえば、そうです、あのゴム製避妊具のトップメーカーですね。
特殊フィルムにおいて、高い技術があるのでしょう。

このピタットで包みます。
魚にできるだけ密着させる様に、指でなじませます。

このまま冷蔵庫へ。

朝、約12時間後くらいでしょうか、冷蔵庫から出すと、いい感じに水分がピタットに移っている感じがします。
このまま夜まで冷蔵庫で完成、でもいいはずですが、なんとなく、太陽に当てたほうが美味しい気がする。

そして、前回のリベンジを果たしたいし、せっかく買った新しい干物ネットも試したい。

というわけで天日干し。
この前が開くやつが、とても干しやすくて調子がいい。

夕方採り入れ。
うーわ、抜群のテカリ具合じゃないですか!

やばぃ!めっちゃ旨い!
サバの干物、大成功です!

今回使ったピタット、かなりのスグレモノです。
富士市では、青葉町の釣具のイシグロさんに売ってます。
機会があったら子供さんと干物作りも楽しいかもですよ。

 

文:鈴木克彦

2019年02月14日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
びお 株式会社マクス 取締犬

住まいマガジン「びお」の、静岡地方版ざます。
工務店のマクスから、家づくりの情報とは違った切り口で、「住まいと暮らしの視点」からローカルで旬な話題を発信してゆこうと思っておりますワン。

ビオブログアーカイブ

fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.