イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

太陽と電気ヒーター どっちが温かいか比べてみた(前編)

Vol. 3,703

おはようございます。
頑丈であったかい家を作るマクス
社長の鈴木です。

 

朝玄関を出ると、「随分冷えるな…」
と思ったらやっぱり…

初冠雪ですね。

県外の方はご存じないかもですが、
富士山頂は真夏でも雪が舞うことがあるので、
初雪、というのはなく、
積もった日が初冠雪です。

 

さて、昨日は長男坊の昔の写真だったので
本日は長女が小さかった時の写真を。

10年前の娘。
ちっちぇえ~。

いえ、本当に小さかったのです。
530gの超未熟児で生まれ、

「生きて退院できる確率は50%」

NICUの先生にそう言われました。
いやぁ…当時のことを思い出すと、
今でも心穏やかにはいられません。

本当に色んな方に助けていただき、
今はおかげさまで、元気。
まぁ、周りの友達よりかなり小さいですが。

 

当時、普通の子に比べれば極端に小さく、
運動能力も劣っていたため、
普通の保育園に入園させるには危険が伴う、
の言う判断で、
こども療育センター「みはら園」
という施設に入園し、
その後、一般の保育園に転園しました。

みはら園は、様々なステージの何らかの
症状や障害を持つ子供達が通っており、
専門の医療スタッフの先生方も多くいらして、
本当に安心して娘をあずけることができました。

 

冒頭の写真は運動会の写真ですが、
私は、すごく考えさせられたのです。

娘は遅いながらも、
写真のように走ることが出来ました。

けれど、自分では殆ど動けないような
重度の障害のお子さんもいるわけです。

そんな子たちは、大きな電動の車に載せられ、
先生がリモコンで操作して、
スタートからゴールまで行くんです。

正直、私はその光景を見て、
「あぁ、可愛そうだな…」
「他の子を見たら、親御さんは辛いだろうな」
そう思ったんです。

でもですよ、
「はっ!」って気付いたんです。

自分でスタートからゴールまで行ける
他の子供達は、大きなリモコンカーに
乗っている友だちを見て、
「可愛そう」って見てると思います?

全っ然! そうじゃない。

「わぁ~いいなぁ~」
ってキラッキラした目で見てるんですよ。

 

「普通ってなんだろう?」

その時、私は強く思わされ、
小さな子どもたちから教えられた気がしました。

 

こんなことを思い出したのも、
もちろんパラリンピックを見たから。

パラの車いすマラソン。
「なにあれ!めっちゃ早いじゃないですか!」

普通のマラソンよりはるかに速いタイム。

だからって、
あの車椅子に乗ったら自分でも早く走れる?

そんなわけない。
あんな事したら手がもげちゃう。

すっごいなぁ…って。

一回でいいから乗ってみたい!(キラキラ)。

 

普通のマラソンと車いすマラソン、
どっちが早い?

普通のテニスと車椅子テニスと戦ったら
どっちが強い?

比べようがないし、そもそも、
「普通」って何…?ってことなんですよね。

 

えーとですね、
「比べるのが難しいけど、比べてみた」
って住宅のお話を書こうと思ったのですが、

比べるの難しいといえば
「車いすマラソン」
を連想し、

それを書こうとしたら、
娘の昔を思い出し、

娘のことになると、
止まらなくなった…。

この窓から差し込む太陽と、
ダイキンの最新モデルの電気ヒーター、
比べにくいけど、どっちが温かいか?

って事、書こうと思ったんですけど、
長くなりすぎたので、明日に続きます。

すみません…。

2021年09月07日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.