イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

外構計画は家そのものの計画と同等に大事

本日は、富士宮市の新築注文住宅の現場からです。

大型分譲地の中に偶然2軒並んでマクスの家が。

でもさらに、手前にもう一軒???

はぃ、こちらは、玄関ポーチの屋根も兼ねる、3.5坪の物置棟なのです。

外部の物置と言えば、スチール物置、と言うほど日本の住宅に浸透している感がありますが、家の裏なら良くても、目立つところにスチール物置がドーン!というのは、言葉が悪いですけれども、家が貧相に見えがち。

なので、こちらのお宅は、建物と同じ木の外壁を貼って、住宅の下屋部分に見えるように設計しています。

上の写真、このままだと、
「大きなサッシは良いけれど、中が丸見えじゃん!」
なのですが…

ほら。例えばこんな具合に外構工事が出来たら、中からも外からも素敵になりますね。

外構計画はある意味、住宅そのものの計画と同じか、それ以上に大事なものです。

当然、外構工事にはお金がかかります。
契約時点で外構工事まですべて予算に組み込んでしまうと、ものすごく高くなってしまい、お客さんの購買意欲を削ぎます。

だから住宅業界では一般的に、家部分の計画を急ぎ、本日2回めの「言葉が悪い」ですが、「契約して逃げられなくして」から、外構計画を詰めます。

ただ外構工事を後回しにすると、後から住宅ローンの金額を増やせないため、自己資金ではそこまで出来ないからと、外構工事は後回し、というふうになりがち。

もう住んでいるのに庭が全然出来ていなくて、石がゴロゴロむき出し…と言う家が多いのはこのためです。

目先の「坪単価」や建物「基本」価格、という変な悪習にとらわれず、
住むまでにかかる「総工費」でしっかりと考えることが、とても大事だと思います。

そういったマクスの考え方に共感していただくお客様方のために、社員大工を始めとするスタッフ・職人たちは、一生懸命な仕事でこたえます!
もちろん、私も!

2020年10月21日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.