イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

子供部屋は先に仕切るか後で仕切るか

本日は、リフォーム現場から。

といっても、こちらは11年前に完成の富士市のお宅。
もうそんなに経ったんだ…と感慨。

もともと「将来二部屋にする予定」だった子供部屋。
今回、間仕切り工事をしています。

社員大工の宮崎がやっているのは、「木」ではなく「木目」が印刷された「プリントベニア」というもの。

またいつか取って一部屋に戻す予定なので、施工性とコスト最優先です。

こちら完成時。
将来二部屋にすることは決めていたので、最初からドアが2つです。

子供部屋は、
・どうせ分けるなら最初から分けておいた方が、お金がからないから分けておくべき
・最初は広々使えるし、家族の変化に合わせてまたワンルームにも出来るから後からのほうが良い

この2つの考え方があります。

マクスは後者です。

「お金がかからないように最初から設計しておく」
ことは可能でし、なにより、フレキシブルに対応ができるようにしておくことが、家の寿命を伸ばします。

 

「子供が巣立ったら、納戸ばかりたくさんある家」
ってなんか違うと思いますし、
「その納戸は使わないからいつもかび臭い」
とか、嫌ですもんね。

なぜ、使わない部屋はかび臭くなる…?
そんなお話は本日のメルマガの方で。

それにしても、完成時に写っているモデルは、我が家の長男。

天井高さ1.4mのロフトでも、何の問題もないです。
この頃は可愛かったなぁ…(笑)。

そんな息子も春からは大学生。
家を出てゆくので、部屋が空くわけです。

身を持って実感です。

2020年09月25日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.