イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

薪ストーブと暖炉の違い

暖冬と言われながらも、このところ寒いですね。
週末からは暖かくなるみたいですが、今朝は寒いので薪ストーブネタを。

ホームセンターでこんなものを買ってきました。
昔の基礎には通気口がありましたが、その通気口に付けるステンレスのカバーと、何に使うか不明の同じくステンレスの薄っぺらなバー。

↓こんな物を作りました(ストーブの前の床)。

会社の薪ストーブ、蓋が開いた写真ですが、薪ストーブは燃焼時には、高温の煙が煙突方向に引っ張られる「ドラフト」という一方通行の上昇気流のため、このように蓋を開けても室内側に煙が出てくることはありません。

サーモカメラで見てみると、当然ながら、燃えている木は非常に高温になっています。
その熱で、薪ストーブ本体が熱くなり、薪ストーブ本体から大量の輻射熱が出て、室内を温めます。

ですから、このように、蓋が開いた状態では、燃えている炎から、ダイレクトに輻射熱が出るので、正面に立つと熱くていられません。

ここでちょっと脱線。
そもそも、薪ストーブと暖炉の違いは分かりますか?

見た目で乱暴に言うと、蓋があるのが薪ストーブ、なくて室内に開放されているのが暖炉、です。

薪ストーブは、燃焼効率を高める、つまり、一本の薪を極限まで熱エネルギーに変えて、煙突からの煙や匂いを究極的に抑える、というコンセプトで出来ており、その目的のために「二次燃焼」を起こしやすくする構造になっています。

対して暖炉は、室内で焚き火をするイメージ。
炎の正面は当然めちゃめちゃ温かいのですが、薪の燃焼効率が悪いので、大量の薪を消費し、かつ、煙突から出る煙も多いです。

薪ストーブの蓋を締めるとこの通り。

ガラスは赤外線を通しませんので、ガラスの蓋を締めると、赤外線カメラに炎が写りません。

もちろん、このまま燃やし続ければ、ガラスそのものが高温になり、ガラス本体から赤外線が出るようになります。

 

そこで、この薪ストーブで、朝の事務所を、手っ取り早く温めたい、という目的で作ったのが、今回のステンレスのカバー。

こんな感じ。
赤外線もガンガン出ていますね。

このカバーがないと、薪がパチパチはぜて、炭と灰が出てきてしまうので、本物の暖炉でも、ファイアースクリーンと言って、炎の前にステンレスのメッシュでカバーをします。

安いコストでうまく出来ました。

最後に、自宅の薪ストーブ。
ただ炎が揺らめいているだけの動画ですが(笑)。

2020年02月10日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.