イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

窯業系サイディングの塗替え-1

久しぶりに、リフォームのお話を。

父の現会長が、私の亡き爺さんの会社に席を置きつつ、そのアフターメンテナンス部門として設立したのが、今のマクスの始まり。

それから丸40年が経とうとしておりますが、私が入社して20年以上になります。
数年で専務になって、ほぼ今と同じ仕事をするようになり、社長になってからはもうすぐ13年。

アフターメンテナンスが始まりなので、私が入社当時は、ほぼリフォームのみ。
私が社長になってからは新築の方が多くなり、今は6~7割が新築。

現在は、リフォームは一切広告していませんので(まぁ、新築もほとんどHPだけですが…)、
「マクスはもうリフォーム辞めた?」
と言われることもありますが、いえいえ、リピートの既存のお客様のお仕事は、今でもお陰様で忙しく工事させていただいております、

リフォームについても、長いノウハウの蓄積がありますので、本日は、外壁塗装。
いわゆる「窯業系サイディング」の塗り替えのお話を。

といっても、実は築18年の我が家。

これは、昔のブログでご紹介した画像なので、ちょっと小さいです。
(元画像が見つかりませんでした)

左の左官調のサイディングと、右の石積み調のサイディングの間、シリコンでシールされていますが、見事にひび割れています。

このとき、築9年。
やらなきゃやらなきゃ…と思いつつ、あっという間にさらに9年の月日は流れ…っていうやつです。

同じく当時の写真。
日の当たりにくい側は、切れていませんね。
よく日が当たる側は、紫外線による劣化が早いです。

同じく当時の写真。
ぱっくり口を開いたシーリング(コーキング)部分を指でなぞると、手に粉が。
これを、チョーキング、と言い、劣化のサインです。

はぃ、ここから今回の写真。
カッターで古いシーリングを取って打ち替えです。

シーリングは、三点で接着すると、必ず切れるので、シーリングがくっつかない処理がされた、ボンドブレーカーという板金を裏につけています。
上の写真の青い部分がボンドブレーカー。

ボンドブレーカー付きの板金が後ろにあると、両サイドにカッターを入れると、スルスルっと古いシール材が剥がれます。

そして、上のようにマスキングをして、再度シーラーと呼ぶ接着剤を付けてから、「変成シリコン」でシーリングします。

新築時は、サイディングの色に合わせて、シールを打って、そのシールはそのまま空気にさらされるのですが、新築時と違い塗替え時は、サイディングそのものと、変成シリコンを、その上から一体で塗ってしまうので、シーリングの劣化を大きく遅らせることが出来ます。

こうして下処理をしっかりしてから、ようやく塗装となります。

塗装したらまたご紹介します。

 

【12/8(日)老後も安心。お金のことを勉強するセミナー】※午前の部満員御礼

2019年12月03日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.