イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ひび割れのこない左官壁を目指して

本日は、富士市の注文住宅の現場から。
富士市で二軒進行中のうち、片流れの方のお宅です。

お題は、すご~く地味なお話です。

内壁のプラスターボードが貼られています。
この上に、自然素材100%の珪藻土が施工されます。

こんな感じに施工されているわけですが、この貼り方一つでも、現場の工夫=ノウハウが隠されております。

こんな感じに施工されているのがおわかりでしょうか?

こう貼るほうが、施工は、ずいぶん楽です。
素早く、綺麗にできます。

でも、なぜわざわざ、開口部を回り込むように施工しているのか…?

それは、開口部の四隅でヒビが入りやすいから。

マクスの珪藻土(湯布珪藻土)は、合成樹脂や化学糊が含まれませんので、下地が動くとヒビ割れがしやすいという弱点があります。

こうしておけば、開口部がとても動きにくくなり、ひび割れを防止します。
これでも100%防ぐとは言い切れないのですが。

でも、ひと手間かけることで、暮らし始めてからの美観やメンテナンスにかかる手間やコストが全然違ってきます。

見えないところが、大事なのです。

 

見えなくなることろも丁寧に施工できる、正直で若き現場監督を募集中!
【正社員(現場監督)募集!】
富士市のマクスでは正社員として現場監督募集中です

2019年01月11日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.