イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ロッジポールパインの床

昨日に引き続き、沼津市の新築注文住宅からです。

大工が床を施工中です。

裏面に接着剤を付けていますので、表面が黒っぽく塗装されているのが分かります。
あとから塗装するのはものすごく大変なので、工場であらかじめ自然塗料で塗装済みのものを使用しています。

裏面の溝は、木が反らないようにする役目と、余分な接着剤の逃げ道になります。

この材料は、ロッジポールパインです。
昨日も書きましたが、マクスの家では、杉と桧(と時々北海道の楢)が殆どで、外国の床材を使うことはありませんが、このお宅はイギリス風なので、外材です。

ロッジポールパインは俗称で、本名はコントルタマツ、と言います。
カナダ産です。

北米やカナダのインディアンが、テントの支柱に使ったことから、ロッジのポールでロッジポールパインと呼ぶようです。

パインは松。いわゆる松ぼっくりが出来る木。
でも、パインと言っても流通している床材は沢山あります。

東南アジアのメルクシパインや、
カリフォルニアやオーストラリアのラジアータパインなどは、
温暖地で取れるパインなので、木目が粗く耐久性が低いです。

ロシアのシベリアンパインや、カナダのロッジポールパイン、フランスのボルドーパインなどは、寒いところで採れるので目が詰まっていて比較的硬いですが、パイン自体が柔らかい木なので、足首や膝には優しく、傷には弱いというのが特徴ですね。

 

で、最後は今日も募集広告です。
【正社員(現場監督)募集!】
富士市のマクスでは正社員として現場監督募集中です

2018年12月27日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.