イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

煙突掃除 2017-5

月曜日。今週も張り切って参りましょう!

さて、先週末のブログは…

こんな薪ストーブの画像で、

「薪ストーブで煙の逆流が起きる理由」
について、次回レポートいたします。

そこには、恐ろしい現実が…
ぎゃぁぁぁ!!!

で終わっておりましたので、予告通り、恐ろしい現実をお届けします。

 

薪ストーブで煙の逆流が起きる理由として、下記があげられます。
1.煙突内部がススで詰まっている
2.煙突のトップがススで詰まっている
3.建物の気密性がよく、換気扇によって室内空気が引圧になっている
4.煙突のトップに風があたり、煙を押し返そうとする力が生じている
5.ガスケットの劣化やメンテナンス時に外れて変な隙間がある

6.まだ煙突内が暖まっていないのに、ダンパーが閉まっている(操作ミス)
7.曲がりや横引きが多すぎてドラフトが得られない(設計ミス)

ほぼ、これのどれかです。

「今まで燃えていたのに、最近なんか調子が悪くて逆流する」
の場合は、1,2のどちらかです。

我が家では、リフォームで後からストーブを付けたため、上記の6に近い部分があり、ススが溜まりやすいのは織り込み済みで、今回も、あー、煙突が詰まっちゃった、掃除しなくちゃ、と掃除開始。

煙突掃除のブラシを入れるべく、煙突の途中を外しました。

あー、ススがサラサラじゃなく、大きな硬い塊ができてるwww。
これ、良くない例です。
良い例は先週末のブログです。

ブラシを通して掃除完了。
これで燃える、と火をつけると、モウモウと逆流。

おかしいなぁ…???

煙突TOPを再確認。
やっぱり詰まっていない。

上記5のガスケットロープの劣化かなぁ…?

ガスケットとは、パッキンのこと。
薪ストーブの気密性を保つための部品です。
グラスファイバーで出来た燃えないロープ、

こんなのです。

鋳物のストーブの場合、細かいパーツの寄せ集めなので、パーツとパーツの合わさる部分にこのガスケットをはめるわけです。

でも、ガスケットに異常はない…。

おかしい…。

原因不明…。

梁に固定してある二重煙突部分を解体するのは大変なので、薪ストーブ本体の煙突部分に携帯を突っ込んで写真を撮ってみると…

げっ!
なんじゃこりゃ!
何か詰まっているじゃぁないか!
(上の写真はストーブ本体から煙突を見上げた格好になります)
鳥の死体?

梁に固定してある二重煙突部分から、接合部のみ外して内部をのぞいてみると…

ん?よく見えないけど、確実に何か詰まっている。

ブラシでつついても、びくともしない。
これが、ブラシが全て開通して、煙突掃除完了したと、私が勘違いした理由でした。

物干し竿で突くと、か、硬い…?
何が詰まっているんだ???

で、しかたなく、分解してみました。

なんと、ステンレスの二重煙突の、内側部分の溶接が剥がれて、熱でくちゃくちゃに曲がっていました。
これじゃぁ詰まります。

ダッチウエストの二重煙突、弱ぇぇぇーっ!

煙突交換完了。
無事、夜中にこっそりアイスが食べられるようになりました。

今回のトラブルは、初めての経験でしたが、こんなこともある、と自分のところで経験できて、とても勉強になりました。
煙突代がイタイけど…(涙)。

 

お勉強といえば、今週の土曜日は、モデルハウスで夜の見学会と題して照明のお勉強会です。
ぜひご参加下さいませ(予約制)。

モデルハウスの夜の見学会のお知らせ

抱腹絶倒のエンターテインメント料理ショー!?
オーナー様用の、メンテ&裏メニュー教室は午後の部です。

2017年11月06日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.