イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

びおソーラーの施工完了

昨日は、日曜日(10/1)に構造見学会を行う、富士市の住宅のパッシブソーラーの施工風景をご紹介しましたが、富士宮のお宅にも同じパッシブソーラーが付いておりますので、ご紹介させていただきます。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

外壁の燃えない処理をされた本物の木、ウエスタンレッドシーダーがもうすぐ貼り終わりです。

イケメンの板金職人の仕事ももうすぐ終了。

屋根の上は終わっています。

二重になっているのが、24cmの木質繊維断熱材が充填されている部分です。

そして、一番上にはガラス集熱面が見えます。
ここが、昨日ご紹介したパッシブソーラー「びおソーラー」の心臓部、ガラス集熱パネルです。

昨日の状態から、板金作業が終わるとこんな具合になります。
屋根のガルバリウム鋼板は、真冬でも50℃を超えますので、その下にある空気層はかなり熱くなります。

それを、最終のガラス集熱部でさらに温度を上げて、床下に送ります。

ちなみに上の写真の指差している部分を拡大すると…

こんな感じ。
屋根の北面は集熱面ではありませんが、湿気を逃がすため、空気層はあります。
その空気を逃がすための換気の部分です。
換気をすることで、夏の屋根の熱を逃します。

びおソーラーの集熱は、断熱されたダクトで床下に運ばれます。

こちらがロフトに設けた取入口。

この日はスタッフで現場検査の日でしたので、皆で検討し、赤線のルートで通したほうが邪魔にならないね、と経路を変更。
二階リビングの開放感も、その方が損なわない。
三人寄れば文殊の知恵です。

で、このダクトから、今時期だとどれくらいの温度の空気が出てくるのか、手をかざして確かめてみたくありませんか?

それは、富士市の構造見学会でやって下さい!
ご予約はまだ受付中です。下記よりご予約下さいませ。

 

太陽熱で床暖房のパッシブソーラーのある家の構造見学会です。

湯布珪藻土の良さと、施工と補修のノウハウを習得、さらに広島お好み焼きも食べよう!

2017年09月28日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.