イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

開放的な高断熱住宅

静岡県小山町の新築注文住宅現場からです。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

この家の特徴は、ロケーションを活かした設計。
「森の中に建つ家」と言えるくらい、道路以外の周囲を豊かな緑に囲まれています。
だから、上の写真は二階ですが、とにかく景色が素敵。

せっかくだから、この豊かな緑を、借景として採り入れようと、とっても開放的な間取りにしています。

上の写真は、メインのリビングですが、梁が1mピッチで入っているので、右側の開口は4mの大開口。

ここに、二枚の大きなサッシが入りますが、右側に引き込まれて、開けるとご覧のとおりの大開口に。

もちろん、その分構造的には無理がかかりますから、安全なように、許容応力度設計によって強度を確認しています。
大開口ですが、いつもの通り、最高等級の耐震等級3です。

窓を小さくて少なくすれば、相対的に壁が増え、耐震性をあげるのは簡単。
でも、このロケーションで閉鎖的なプランを考えるなんてありえません。

「開放的なプランの安全性を検証するのが構造計算」
なのです。

その開放的なプランを成立させるもう一つの用件が断熱性。
窓を小さくて少なくすれば、相対的に壁が増え、断熱性をあげるのは簡単。
でも、このロケーションで閉鎖的なプランを考えるなんてありえません。

「開放的なプランだけど暖かい、を可能にするのが、断熱性の高いトリプルガラスの樹脂サッシ」
なのです。

それにしても、窓の外にまた自分の家が見える、
って、すごく気持ちがいい…。

 

で、本日も最後はCMです。

湯布珪藻土の良さと、施工と補修のノウハウを習得、さらに広島お好み焼きも食べよう!

家づくりで大事なところは見えなくなる!
太陽熱で床暖房のパッシブソーラーのある家の構造見学会です。

2017年09月07日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.