イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

放射冷却ってこれです

マクスの設計の基本は、『パッシブデザイン』です。

パッシブデザインとは、お日様に素直な設計。
夏の日射遮蔽と、冬の日射取得。
これを両立し、最大限に活かすのがパッシブデザインです。

パッシブな家づくりのアイテムの一つとして、パッシブソーラーシステム、と言うものも、オプション的に採用しています。

s-16100503

マクスのモデルハウス『冨嶽町家(ふがくまちや)』では、スカイデッキから、このパッシブソーラーシステム『びおソーラー』の心臓部の集熱パネルを見ることが出来ますが、

s-16100504

屋根で集めた空気を、

s-16100505

こんな感じで、ダクトで床下に送ります。

冬は、屋根で暖められた空気を床下に運ぶので、イメージ的に分かりやすいですね。

じゃぁ、夏は???

はぃ、夏は、日中は動いていません。
夏は、夜になると力を発揮します。

夜、雲のない星が出ているような日は、物体は全て、その熱を宇宙空間に向けて放射します。その分冷えます。これが放射冷却です。

少々複雑ですが、「住まいから寒さ・暑さを取り除く 荒谷登著」より引用一部させていただきながら、この放射に触れますと…

人体を含むすべての物体は、その表面温度に応じた放射熱を周囲に発散すると同時に、周囲の建物などから熱放射を吸収しています。

空気はこの放射熱を透過しますが、大気中の水蒸気や炭酸ガスは、その一部を吸収し、その気温に応じた熱放射を出します(逆放射)。

そのため、日射に対しては比較的透明な大気が、地表からの熱放射に対してはむしろ不透明、これが温室効果の仕組みです。

放射による熱の放散は、地表からの熱放射と、大気からの逆放射の差分ですから、大気中の水蒸気量が少ないほど、熱放射による冷却は強くなるので、乾燥した砂漠や、冬の晴天日に、強い放射冷却が起きます。

ちなみに、昔より暑くなった、というのは、この放射冷却でも説明ができます。
空気が乾燥する地域では、熱放射による冷却が卓越していて暑さの割に爽やかですが、放射冷却が抑えられる湿潤の風土では、「蒸発による放熱、つまり気化熱」が重要です。
地面を舗装しまうことは、水の蒸発を妨げ、蒸し暑い耐えられない環境となるわけです。
どんどん舗装して地面と緑がなくなってきた結果…ということですね。

話が少し難しくなってしまいましたが、とにかく、冬だけでなく、夏にも夜間に放射冷却が起きます。

s-16100501 s-16100502

こちら、今年の8/26の朝、出社前に撮影したものですが、ボンネットとフロントガラスが結露していますね。
放射冷却で冷やされて、結露しているのです。
(なぜ10月に入って、というのは??? そう、書くのを忘れてたのです…)

夏の夜は、金属屋根でこの放射冷却が起こり、結露(ということは、空気中の水蒸気が取られて除湿される)し、冷たい乾いた空気を、床下に送ることが出来る、というわけです。

うーん、なんだかよーわからん、というかたは、モデルハウスにお勉強にお越しくださいませ。

 

本日もCMです。「私もお勉強したいわ!という方…」

【女性設計スタッフ】募集
富士市 正社員募集 女性設計スタッフ 建築士

2016年10月05日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.