イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

地盤調査における自沈

時々登場する地盤調査ネタです。

富士宮市 地盤調査

他県の同業の方とお話しすると、『地盤改良をやらない現場はごく稀』という方が多いのに驚きます。

マクスの地元の富士・富士宮では、富士山の溶岩由来の岩盤質が多く、地盤補強は、無い方が多めかと。
ですが、同じ静岡でも、沼津・三島の方は、まず地盤補強しないとだめですね。

写真は富士宮。
でも隣は畑だし…。斜面もあるし…。
富士山はくっきりだけど、結果は心配です。地盤補強無しだと良いなぁ…。

その地盤補強をするかしないかの簡単な目安の1つが「自沈」。

富士宮市 SS 自沈

SS(スウェーデンサウンディング)という調査法。
丸い重りが2つ載ってますが、1ヶ25kgあります。
重りが載っている本体可動部が50kgですから、合計100kgがロッドの先端にかかります。
地盤が弱いとそれだけで、つまり重さだけで沈んで行ってしまいます。これが『自沈』です。

自沈する位の土地の柔らかさでは、まず地盤補強が必要になります。
問題はその深さ。
それによって、地盤改良の有無と工法が決まり、その工事金額も何倍も違ってきたりします。

自沈の様子を動画にしてみました。

土地を買う前にでも、不動産屋さんに交渉すると、地盤調査をさせてくれることが多いです。
土地そのものの金額も大事ですけど、地盤改良に多くのお金がかかるとなると、建築計画そのものの予算の変更を、後から強いられることになります。

事前に分かると安心ですね。

2016年05月13日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.