イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ドイツのサッシ ユニルクス取付

富士市のマクスのモデルハウス、『冨嶽町家(ふがくまちや)』からです。

以前、リクシルのエルスターXと、エクセルシャノンの特注トリプルシャノンについてはご紹介いたしました。

マクスのモデルハウス冨嶽町家では、もう一種類、ドイツの樹脂サッシを使っていますので、本日と明日で、ご紹介させていただきます。

マクス モデルハウス ドイツの樹脂サッシ輸送

というわけで、はるばるドイツから、飛行機でやってきた樹脂サッシたち。
ドイツで一番のシェアだという、ユニルクスというサッシです。
こういう高性能なサッシが日本でも普及すれば、わざわざ飛行機や、この様な「ほとんど空荷」のトラックが来る必要もないのですが、それはモデルハウスにて、温暖な静岡での高断熱の啓蒙と言うことでひとつ…。

それはともかく、とにかく、このサッシ、腰が砕けるほど重い…。

マクス モデルハウス ドイツの樹脂サッシ運搬

落としたらエライことになるので、もう慎重に、慎重に…。

マクス モデルハウス ドイツの樹脂サッシ

問題はこいつ↑だ…。
約2.1m×1.8m。
これ一本だけで、150kgくらいあるらしい…。

マクス モデルハウス ドイツの樹脂サッシ トリプルガラス

とにかく、寄って集って、大騒ぎでした。

マクス モデルハウス ドイツの樹脂サッシ 施工前作業

さて、高性能サッシを空輸してくると、いつもは無い、めんどくさい問題が色々と。
その1つが気圧問題。

トリプルガラスなので、空気層が二層あるわけですが、気圧の変化でガラスが割れない様に、注射器の針の様な鉄製のチューブが、ガラスから出ています。

この辺の処理は初めての経験。
ドイツの資材メーカー、ウルト(W〓rth)の技術マンが、助っ人でモデルに来てくれました。
ウルトは、グループ従業員が世界で7万人という、巨大企業で、自動車部品ではトップ企業。
そのウルトジャパンで住宅に関する様々な資材を扱っているのが、以前のブログでも登場している、大分弁を話すカナダ人のスコットさん。

手がグローブの様にでかいのに、なかなか繊細な手さばき…。

マクス モデルハウス ドイツの樹脂サッシ 気圧調整はぃ、その気圧調整のチューブをペンチとテープで処理。

長いので明日に続きます。

 

2016年03月31日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.