イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ヒサシの威力

ヒサシってケンカの強いヤツが居まして…
ではなく、「庇(ひさし)」のお話です。

本日は、富士宮市の新築住宅現場から、現場の様子です。
自然室温で暮らせることを目指す【びおハウス】です。

昨日、
「この日、大雨警報が出る豪雨でして…」
と書きましたが、

富士宮市新築住宅 吹き抜けと大型ガラス

はぃ、外は大雨。
こんなに大きな窓がある家ですが、室内は灯りを付けないと作業できないほど暗いのです。
それくらいの豪雨。

富士宮市新築住宅 薪ストーブの家 ガラス

さすがに、窓ガラスもビショビショ。

でも、実はこのガラスについた水滴、
雨が当たった水滴
のではなく、
雨が足場に当たって撥ねた水滴
なのです。

富士宮市新築住宅 薪ストーブの家 吹き抜け

二階に上ってきました。
上の写真の、左側の窓から体を出して撮った写真が下です。

富士宮市新築住宅 深い軒と庇

外はガサガサ降っていますが、カメラのレンズは濡れません。

ご覧の通り、軒が1mも跳ね出しているからです。
前方の樋が付いている方(南側のベランダ側)は、さらに軒が深く、1.4mも延びています。

これくらい延びていると、台風のように、風を伴う雨でなければ、雨が降っていても窓を開けられます。
そして何より、壁が濡れないので、雨漏りリスクを大幅に減少させることが出来ます。

また、夏の日差しも遮ります。
冬は、太陽高度が低いので、庇が深くても太陽の光と熱を採り入れることが出来ます。

梅雨と長雨がある日本、軒が深いデザインは、この様に、自然から生まれたものです。
軒のないデザインは、一見斬新ですが、すぐにふっかけるし、壁も傷み、雨漏りリスクも上がります。

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.