イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る
ビオブログ

薪ストーブで焼き芋

本日より七十二候の季節は、大雪の次候「熊蟄穴:くまあなにこもる」。

クマも寒くて冬眠する頃なんですね。

でも、マクスの家は暖かいので、冬眠しなくて大丈夫です!
そして、マクスの事務所には、薪ストーブがあって、とっても温かいです。

私(総務のユキ)の家には薪ストーブがないので、何もかもが感動です。
木片が炭になりかける時の、黒と赤のコントラストが綺麗ですね。

そんな薪ストーブで焼き芋をしたのでレポートします。

 

まずサツマイモの表面をよく洗ったあと、新聞紙でくるみます。
(新聞紙は半分に切って使用しています。)
新聞紙ごとまんべんなく水で濡らし、よくしぼります。
そしてアルミホイルでくるみます。

 

サツマイモを入れる前に、赤く熱を持った炭を細かくくだきます。

 

くだいた炭の上にサツマイモをのせていきます。(火傷に注意)

10分ほどおいたら、サツマイモの上下をひっくり返します。
この時、端と中央の場所チェンジもしたほうがいいですね。
そしてさらに15分ほどおきます。

 

熱さに注意しながらサツマイモを取り出し、
アルミホイルと新聞紙をむきます。


この時、新聞紙が熱くなかったり、
サツマイモを割ろうとしても固くてなかなか割れないときは、
熱不足で中まで熱がとおっていない、美味しくないものです。
また濡れた新聞紙とアルミホイルで巻いて、炭の中に入れなおしてください。

 

力を入れずにサツマイモが割れたら、
やわらかくて美味しい、ほっくり焼き芋の出来上がりです!

ちなみに焼き芋の皮に、痩せる成分が含まれているそうです。
私は剥かずに、皮ごと食べました。
痩せたかどうかは定かではないですが、美味しかったです。

暖房にも調理器具にもなる薪ストーブ、いいですね。オススメです。

 

文:総務 佐藤ゆき

2018年12月11日

Post by 佐藤 祐希

カテゴリー:ビオブログ, 食のこと

About Me

img
びお 株式会社マクス 取締犬

住まいマガジン「びお」の、静岡地方版ざます。
工務店のマクスから、家づくりの情報とは違った切り口で、「住まいと暮らしの視点」からローカルで旬な話題を発信してゆこうと思っておりますワン。

ビオブログアーカイブ

fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.