イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

トリプルガラス樹脂サッシの取付

本日は、先週とは別の、富士市の新築住宅からです。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

こちらは土間クッキング薪ストーブのあるおうちです。

富士市 土間とクッキング薪ストーブの家

玄関前のポーチを大工が作っています。

梁を二人で持ち上げていますが、梁は緑色。
これは、加工後に防腐剤を加圧注入しているからです。

雨に濡れる部分なので、こうした一工夫で、長持ちするかどうかが全然変わってきます。
でも、薬剤がたっぷり注入されるので、めちゃめちゃ重いのです。
(写真撮ってないで手伝えよ…)

重いと言えば、上の写真で手前に立てかけてある白い四角い物は、サッシの建具です。
このサッシもメチャメチャ重い。
トリプルガラス、つまりガラスが三重なので重いのです。

比重で比べると、つまり同じ体積なら、ガラスってコンクリートより重いのです。

富士市 土間とクッキング薪ストーブの家 南面

こちら南面ですが、その大開口の大きなサッシが付きます。

大きなサッシは気持ちがイイです。
でも、アルミサッシのペアガラス、とかだったら、寒いわ結露するわで大騒ぎ確実です。

サッシの大きさや種類によって、断熱性能は異なるので一概には言えませんが、
アルミサッシのペアガラスの熱貫流率を約 3 w / (㎡/k)とすると、一般的に壁に入っている断熱材のグラスウール(熱伝導率0.038)の1.3cm分くらいしか有りません。
(1 / (0.0127m ÷ 0.038) ≒3 )

アルミサッシのペアガラスの断熱性は、ペラペラのグラスウールよりも低いのです。

最近だとローコスト住宅でも75ミリくらいのグラスウールは壁に入ってますから、その場合、アルミサッシのペアガラスは、壁の1/6程度の断熱性です。
(1 / (0.075m ÷ 0.038) ≒0.51、3.0÷0.51≒6倍 )

これはつまり、単純に壁の6倍熱が逃げるわけで、高断熱を謳うローコスト住宅の窓が小さいのはこのためです。

窓は大きいほど確かに気持ちは良いのですが、その分寒い。
寒さ対策をしっかり考えてから窓を配置する必要があります。

こちらのサッシは、樹脂製のトリプルガラス。
大開口のサッシは、エクセルシャノンのトリプルシャノン、その他はリクシルのトリプルマイスターです。

それでも性能上、アルミサッシのペアガラスの倍程度しかなく、壁の方が断然性能は上です。
(日本のサッシは、大きさや種類毎に正確な熱貫流率を発表していないので単純比較できない)
(同じ理由で、熱貫流率の3よりもっと悪い、4とか5のアルミサッシのペアガラスもある)

だから、窓って大事。

富士市 土間とクッキング薪ストーブの家 樹脂サッシ

大事と言えば、断熱性だけではありません。
樹脂サッシは、部材が溶接加工なので、気密性が高く、部材からの雨漏りはアルミサッシに比べて心配ないと思うのですが、念には念を入れて、立体加工の防水材(薄い緑色)を入れています。

富士市 土間とクッキング薪ストーブの家 トリプルガラス

上部は防水テープで。
この後、透湿防水シートでさらに防水です。
おっと、サッシの奥から「写真撮って!」という目で見ている人が居ます。

富士市 土間とクッキング薪ストーブの家 電気工事

リクエストにお答えしてご紹介しましょう。
毎度おなじみ几帳面な電気屋さんです。
床下で見えなくなるけど、丁寧に丁寧に配線して行きます。

富士市 土間とクッキング薪ストーブの家 耐震等級3

内部をもう少しご紹介。
先週末にご紹介した内部の柱ですが、このお宅は中央の一本だけ。
もちろんそれでも、しっかり構造計算して、最高等級の耐震等級3で計算しています。

富士市 土間とクッキング薪ストーブの家 ロフトの断熱

こちら最上階のロフトになる部分。
屋根には、断熱性・調湿性が高い、木質繊維断熱材の特注品(密度60kg/m3)を24cm入れています。
熱抵抗値=0.24m(厚さ) ÷ 0.039W/mk(熱伝導率) =6.15W/k
静岡(Ⅳ地域)の次世代断熱基準に求められる屋根の性能(4.6W/k)を、楽勝でクリア。

これで、夏でもロフトが涼しいのです。

みーんな、見えなくなる所が大事です。
だから、完成見学会よりも構造見学会の方が大事なんですけど、やっぱり完成見学会の方が楽しいですよね…(笑)。

というわけで…

【富士宮市】薪ストーブのある大屋根の家 完成見学会のお知らせ富士宮市 薪ストーブの家 完成見学会

【勉強会のお知らせ】富士市 家づくりの勉強会

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.