イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

OBさん宅訪問会・その2 真冬の温度測定結果

昨日の続きです。
全5回シリーズで、OBさん宅でのデータ測定結果をご紹介させていただきます。
このお宅に搭載している「次世代パッシブソーラー・そよ風」のデータは、メモリーで回収して、「そよカルク」なるソフトで解析が出来ます。
昨年の一番寒い時期、1/21から2/20までの一ヶ月間のデータです。
s-130219 (1).jpg
細かすぎて分からないと思います。
とりあえず、外気温が一番寒くなった日、2/3を見てみます。
s-130219 (2).jpg
縦軸は温度です。
グラフはそれぞれ、
赤:屋根(棟)の温度
緑:屋根から採り入れた空気を床下に送るダクト内の空気温度
青:室温(このお宅の場合は納戸)
橙:外気温
黒:そよ風の挙動
を示します。

【1】を見て下さい。
一番寒い日ですが、屋根の温度は50℃になっています。
ガラスを載せればもっと暖かくなるのですが、メンテナンス等の問題でこのお宅はガラス無しです。
この時の外気温は10℃くらいですから、太陽のエネルギーで、屋根は40℃も温度が上がっていることになります。

【2】を見て下さい。
緑の線、つまり、屋根から採り入れた空気を床下に送るダクト内の空気温度は、9時前くらいから急上昇しています。
下の黒い直線が、一段上がっていますので、この時点で、屋根で暖められた空気を床下に送り始めたことが見て取れます。
緑のラインはその後、太陽が沈み、屋根が冷めてくると共に下降し、4時前に空気の採り入れを中止しますが、夜7時過ぎ、再度温度が上がっています。
これは、室内で暖房を付けたためです。

【3】を見て下さい。
オレンジの外気温の線が一番高い時刻(一日の最高気温)は、午後3時半くらい。
でも、室温を計っている納戸(もちろん無暖房室)の温度のピークは、夜中の12時。

【4】を見て下さい。
逆に、オレンジの外気温の線が一番低い、一番寒い時刻は、朝の4時くらいなのに対し、
納戸の室温が一番低いのは、もう外気温が暖まり始めている朝の9時。

【3】と【4】はどういう事でしょう?
これは、住宅が蓄熱能力を発揮できている証です。
建物は、断熱性能を高めると、高まった分だけ、温度変化のラインが上方向(つまり温度が高い側)にスライドします。
熱が逃げにくくなるからです。
この、断熱が高い状態に、さらに【蓄熱性能】が加わると、
・温度変化のラインは、よりなだらかになり、
・同時に右側(つまり時間的に後)に、
スライドします。

これは、建物が、暖まりにくく、冷めにくくなる、ということです。
日中、熱を床下のベタ基礎に貯め、寒くなったらその熱をゆっくり放熱しているのでこうなります。
この結果は、グラフの青いラインを見ていただけると良く分かります。
無暖房室の納戸ですが、一年で一番寒い時期(それでも温暖な静岡なので外気温はマイナス5℃ですが)でも、一日中、14から16℃くらいで安定しています。
無暖房室がこれ位で安定してくれていると、真冬のヒートショックも起きないはずです。
では、反対に夏はどうでしょうか…?
明日に続きます。

2013年02月19日

Post by 鈴木 克彦

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.