イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

現場スタッフブログ

胸を張れる仕事しか出来ません

事故を防止する為には?

こんにちは、社員大工の丸山です。今週で六月も終わりですね。最近は梅雨時期なのに雨も降らず、夏日が続いています。これからの季節で注意するのは『熱中症』
知らず知らずに体力を奪われ、気絶…なんてことも。こまめな水分補給、塩分を摂取など、日ごろから予防に心がけましょう。

六月の中頃、仕事の合間に『足場の組み立て等作業主任者』の講習を受けてきました。
近年の業種別事故報告による死亡事故発生は、圧倒的に建設業が多く全の約40%を占めています。



中でも多いのは足場からの転落によるものです。
労働安全衛生法では、足場の高さが5メートルを超える構造の足場には、足場作業主任者を選任し職務に従事させなさいという、法律があります。

職務とは…。

  1. 材料の欠点の有無を点検し、不良品を取り除く事(組み立て時)
  2. 器具、工具、安全帯及び保護帽の機能を点検し、不良品を取り除く事
  3. 作業の方法及び作業者の配置を決定し、作業の進行状況を監視する事
  4. 安全帯及び保護帽の使用状況を監視する事

と、あります。

建築現場に作業主任者を選任しても、現場に常に作業主任者が指揮している会社は、そう多くないのが現状です。
足場で作業する職人は沢山います。先の熱中症の話では無いですが、いつ何が起こるかわからないので、予防する事が大事だと思います。

なので、足場の仮設後も、作業主任が指揮できるよう、現場監督、社員大工とも、この足場の組み立て等作業主任者の資格を取り、常に現場で指揮をとり、安全かつ事故防止の為に繋がるような体制にしました。

転落事故、死亡事故を起こさぬよう、現場ではその職務を果たせるよう心掛けていきたいと思います。

2018年06月26日

Post by 丸山 彰

About Me

img

胸を張れる仕事しかできません。ブログでは、仕事ぶりや自分達も家に住み生活しているその様子も何かの役に立つかと思いブログに綴ります。

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.