イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

現場スタッフブログ

胸を張れる仕事しか出来ません

またもや 杉 … そして花粉症

こんにちは。社員大工の丸山です。

今週から少しずつ春の陽気になりそうですね。先日、私有地の草刈りをして、防草シートを施工してきました。太陽の光をあてなければ、光合成出来ず、草は枯れてしまうのですが、この防草シートを突き破って出てくる気合いの入った草もあるそうです(笑)春はやっぱり太陽の光を浴びてポカポカしたいのは、皆一緒ですね。

春になると、辛くなる季節でもあります。

そう、『花粉症』の季節です。

その花粉症なのですが、実は日本だけなのです。(花粉症という名は世界にもある)

お隣の、韓国や台湾には、花粉症が無いのです。

春先の花粉症の原因となる『杉』の木は、日本固有種なので、『杉の花粉症』は日本にしか無いのです。

主に、本州が多く、北海道や沖縄には花粉症になる人は少ないです。

原因となっている『杉』なのですが、ここ十数年前から花粉症と騒がれてますね。

昭和時代には、花粉症などという言葉すら、なかったと思います。

これには訳があるのです。

時は第二次世界大戦。日本は戦争に負けました。焼け野はらとなった町を、復興させなくてはとの思いで、瓦礫をどかし建築が始まりました。

山の木を伐採しては建てての繰り返しで、将来木材不足に陥るのではないかと懸念した政府が、国策として造林を推進します。

古来から建築資材として利用してきた『杉』の植林が始まります。『杉』は『進木(すすぎ)』という古来の呼び名があるように、真っ直ぐに育ち、成長も早く、建築資材にもってこいでした。

その後、高度成長期を迎え、貿易の自由化が始まります。海外から大量に建築資材が入るようになると、安く材料が仕入れるようになり、国産の杉の価値が暴落、売りたくても売れない状態になり、やがては伐採にお金がかかるという事で、放置状態に。

こうした中、戦後から植林された杉は、日本国土を覆うようになり、時を重ねていきます。

杉花粉の飛散は、樹齢30年ごろから始まります。期間は15年位続くと言います。

なので、戦後から数えて今の年代が、杉花粉のピークになります。少なくても後10年は花粉が多く飛ぶと、予測されてます。

ですが、国産の杉が悪いわけでは無いのです。今はそれが見直されて、日本の物は日本で使おうという動きが、各地で行われています。

何十年もかけて育った日本の杉は、日本の気候や風土に合っていると思います。メリット、デメリットもありますが、やっぱり日本だけの木なのだから、沢山使ってあげなきゃいけませんね。

そんな僕も花粉症ですが、やっぱり杉は嫌いにはなれません…クシュン(笑) 

2018年03月13日

Post by 丸山 彰

About Me

img

胸を張れる仕事しかできません。ブログでは、仕事ぶりや自分達も家に住み生活しているその様子も何かの役に立つかと思いブログに綴ります。

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.