イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

現場監督ブログ

胸を張れる仕事しか出来ません

手加工 続き

こんにちは大工の宮崎です。
前回の刻みの続きです。
基本的には、在来軸組工法の建物ですが、
強度を出すために、必要に応じて、ドリフトピン工法を使います。
手加工でするのは難しく、精度が必要になり、ピンの穴がずれると、ピンが入らなくなります。
真っ直ぐ穴を開ける必要があります。

加工は、ピンの穴と、たてのスリットです。
こちらのスリットも、真っ直ぐでなければなりません。

深さは、100ミリで、幅5ミリで、桁成いっぱいにスリットを入れます。
通常の丸ノコだと、60ミリしか切れなく、スリットの深さが100ミリあるので、デカイ丸ノコで切らなけれなりません。

大きく結構重いし、結構と難しいんですよ。

柱には、ピンが刺さる金物が、いくつか付いています。
これに先程のスリットの入った桁が入って、ピンでとめます。
このピン工法により、引き抜きに強くなります。
組み上がると、こんな感じになります。

2018年10月26日

Post by 宮崎

About Me

img

胸を張れる仕事しかできません。ブログでは、仕事ぶりや自分達も家に住み生活しているその様子も何かの役に立つかと思いブログに綴ります。

現場監督ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.