イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

外部木材を長持ちさせろ!

マクスでは、ウッドデッキやバルコニーなど、外部に使う木材に、
「桧を加工後に防虫・防腐処理→施工後に撥水防腐塗装」
という独自の工法をとっています。

何故、そんなことをしているのかを、改めてご紹介させていただきます。

木を腐らせない工夫 鳥居

まずはこちら。
大工が何を作っているかといえば、そう、神社の鳥居ですね。

木を腐らせない工夫 注入された長ホゾ

注目していただきたいのは、白い桧が緑色、ということ。
しかも、加工した仕口(凸凹部)まで、全部緑だということ。

木を腐らせない工夫 注入された鳥居

緑の鳥居を建て、

木を腐らせない工夫 掘っ立ての鳥居

赤く塗装。
この一本は、マクスから寄贈させていただいたものです。
見にくいですが、右側に「平成二十年十一月」とあります。
この写真は、昨年の春(二十四年)に撮影したものですが、平成二十年に施工した証です。
施工後、約4年後、ということになります。

木を腐らせない工夫 土に埋まった柱

いわゆる掘っ立て。
地面にそのまま穴を掘って建てただけです。

木を腐らせない工夫 完成した鳥居

こんな感じで、鳥居が並んでいます。

さて、ここからが本題。

木を腐らせない工夫 注入せずに腐った鳥居

こちらの写真は、上記の鳥居を施工する前に立っていた鳥居。
いわば、鳥居の建て替え工事です。

実は、この解体された鳥居も、マクスでお仕事させていただいた物です。

木を腐らせない工夫 白蟻にやられた木部

すっかり白蟻と腐りでやられてしまっています。
「あーあ、全然ダメじゃないか!」

いえ、そうではないのです。
実は、この鳥居、町内で一本ずつ寄贈、というかたちのため、やはり予算面での意見の統一が非常に困難。
コンテナに廃棄されている、前回の工事の際には、工事費で意見がまとまらず、
ご提案した「加工加圧薬剤注入処理」が削られ、
防虫防腐処理は、防腐剤を塗るけ、となったのです。

当時まだ現場監督だった私は、予算内で少しでも長持ちさせたいと、地面に埋まる部分をガスバーナーで焼いたり、バケツに防腐剤を入れて、鳥居の足を一晩浸けたり、としたのですが…、

一年目でキノコが生えだし、
二面目で塗装がはげだし、
三年目で白蟻と腐りでぐらぐらし始め、
四年目には手で押すと倒れそうな状態に…。
そして、五年を待たずして、もう一回作り直そう、ということになっのでした。

この時は、世話役の方(前回の工事の時と同じ町内会長さん)が腐心していただき、
「予算が確保出来たので、今度はマクスさんの言う通りに処理してみよう」
とあいなって、
一回目の工事の仕様= 【防腐剤を塗だるけ】処理
  ↓
今回の工事の仕様= 【桧を加工後に、加圧防虫・防腐処理
つまり、マクスの標準仕様で作らせていただきました。

木を腐らせない工夫 まず加工をし…

加工をし、

木を腐らせない工夫 一旦組み立て…

組み立てて、接合部を完全に完成させ、
そしてまたバラバラに解体します。

木を腐らせない工夫 圧力注入釜で…

その後、こんな工場へ運び、中央の巨大な窯の中に、

木を腐らせない工夫 防虫防腐剤を注入処理

材料を入れ、高圧力で防虫防腐剤を圧力注入します。

木を腐らせない工夫 仕口にたっぷり薬剤が注入されている

そうすると、戻ってきた材料はこんな色に。
※色は単に施工状態が分かる様にするための着色剤です。

木を腐らせない工夫 長持ちするウッドデッキ

以前の現場の写真ですが、組み立てている状態で、緑色になっていますね。
完成してから、また仕上げの防虫防腐塗装をするのです。

外部の木材は、毛細管現象で、「継ぎ手」「仕口」の加工した部分から水は染み込み、腐ります。
だから、事前にその様な腐りやすい「継ぎ手」「仕口」の加工した部分に、たっぷりと防虫防腐剤を加圧注入しておくのです。

こうすると、違法伐採の腐りにくい南洋材を使わなくても、日本の木で、長持ちするウッドデッキが出来ます。

実際に、この処理で、十数年経過している我が家のウッドデッキ。
十年ぶりのメンテナンス時の写真です。

ウッドデッキ 10数年後のメンテナンス

表面の塗装は白くなってしまってますが、木部はどこも腐っていません。
(本来のメンテでは、表面の古い塗装をキレイに落としてからやります。DIYなのでそこはご容赦を…。)

せっかく作るウッドデッキですから、長持ちしなけりゃモッタナイですよね!

 

 この記事は、マクス辞典用に再編集しました。 15.9.20.

2013年12月09日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.