イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

珪藻土の比較実験 2

実験大好き、実験くんです。
珪藻土が固まりましたので、昨日の続きをご紹介させていただきます。

合成樹脂の有無による珪藻土塗り壁材の違い

上の写真で、左が合成樹脂入りの珪藻土、右がマクスの珪藻土。

昨日も書きましたが、二つの違いのおさらい。
左の珪藻土は、カタログでも肝心の珪藻土の割合が掲載されていませんが、
(珪藻土+無機粉)が87%、合成樹脂(つまり化学ノリ)が11%、残り2%が無機顔料(着色剤)です。

右は、マクスの珪藻土で、約8割が珪藻土、約2割が白土、3%が食用デンプンと、古紙由来のセルロースファイバーです。

合成樹脂の有無による珪藻土塗り壁材の性能

お椀にラップを貼り、
その上に二つの珪藻土を塗り、
固まってから剥がし、
割ってみました。

写真ではその違いが分かりませんので、ビデオで見てみましょう!

合成樹脂、つまり、化学ノリで固められている方は、粘りが強く、割れにくいのが分かります。
イメージとしては、ゴムが入っている感じですね。
これによって、ひび割れがおきにくく、壁から剥がれたり粉が落ちたりもしない、という性能を持つことになります。

これはこれでイイと思います。
塗り壁調のテイストというか、ビニールクロスにはない独特のテクスチャーを求めるのであれば…。

ただ、自然素材の持つ安全性、珪藻土が本来持つ調湿性を求めるのであればどうなのか…?
明日に続きます。

【OBさん感謝祭のお知らせ】 BBQ in MACS with 薪割り?
OBさん感謝祭BBQ マクス

2014年06月03日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.