イベント

新築住宅

新築住宅

新築住宅

心に香る木の家3世代住める家

マクスの家づくり

家づくりについて、私たちはこう考えます

  • photo
    ずっと暮らせる

    住宅ローンが完済し終える前に建て替えや大リフォームが必要になる様な家じゃなくて、子供に受け継いでいける。

  • photo
    ずっと安全

    大地震が来たら、住めなくなる様な家じゃなくて、家族を守ってくれる。

  • photo
    ずっと健康

    アトピーやシックハウスに悩まされられる家じゃなくて、玄関を入るとほっと深呼吸したくなる。

  • photo
    ずっと楽しく

    「何か汚くなったな~」「どうせぼっこの家だからこのままでいいよ」って思う様な家じゃなくて、柱や床の傷さえも家族の思い出として、年変化を楽しめる。

家を建てる時、一番大事な事って何でしょうか?

『ずっと、安全に、健康に、楽しく、暮らせる』という事だと思います。

そんな家造りをしたい、私たちマクスはそう思っています。
そういう家は、作るのがもちろん大変ですが、そういう家は、造っていて、何より楽しいんです。
工期と予算に追われながら仕事をする、もちろん大切なことではありますが、そんな時は、 やっぱり辛いです。

早く終わらせたい、そんな気持ちでは、やはり「良い家」って造れないと思います。
「良い家」が出来た時、やっぱり嬉しいし、お客様も喜んで頂ける、引き渡しの時も、引き渡した後も、やっぱり喜んで頂ける、だから頑張れます。

マクスのつくる「木の家」

そんな「良い家」は、やっぱり「木の家」です。
木は何とも言えない温もりがあります。断熱性や調湿性、と科学的に言ってしまえばそれまでですが、理屈抜きに落ち着きます。

そんな「良い家」は、やっぱり「自然素材の家」です。新建材で飾り立てた家は、建てた時が100%、その後はどんどん汚れていきます。でも、自然素材の家は、時が経つほど「味」が出てきます。そして、木をしっかり組んで、自然素材で建てた家は、頑丈で長持ちします。金物だけに頼って強度を出すのではなく、日本の木造技術の「組む」と言うこと、これからも大切にして行きたいと思います。

私たちが考える「良い家」は、そんな家です。
断熱材の性能が0.1高いとか、気密性能が0.1良いとか、数字や係数だけを重視しては、本質を見失う危険がある、もっともっと大事なことは、「木」が教えてくれる。そう思います。

photo

こんな仕様をお勧めしています

私たちは大きなビルダーではないので、決まった商品やカタログ通りの家造りはしていませんが、標準的には次の様な仕様をお勧めしております。

  • photo
    構造計算による最高等級の基礎

    家を支える基礎はやはり重要です。どんぶり勘定ではなく、地盤調査とそれに基づく構造計算(許容応力度設計)によって、鉄筋の太さや本数までを決定。最高等級の耐震等級3の、地震に負けない強固な基礎を作ります。

  • photo
    本当に素晴らしい国産材

    国産材なら何でも良いというのは自然素材信奉。しっかりと品質管理された良質な木材で家を建てた方が長持ちするのは明白な事実です。マクスがお勧めするのは、県産材では天竜材の杉&桧、その他、和歌山県は山長商店の紀州材や、江戸中期から続く林業家の清光林業さんの吉野材等をおすすめしています。

  • photo
    見えない場所こそ丁寧に

    どんなに優れた工法で、どんなに良い物を用いても、細部の納まり・見えなくなってしまう場所にこそ、住宅の耐久性を左右するポイントがあります。ステンレス製の基礎パッキンや、立体成型の防水部材など、私たちは見えなくなってしまう場所こそ力を入れています。

  • photo
    パッシブソーラーシステム

    エコと名乗れば全て正しい、そんなご時世ですが、何が本当にエコなのだろうか?私たちは考えています。太陽の熱を冬は床下に取り込み、夏は家に入れない様にすると同時に夜間の放射冷却で冷を採り入れるパッシブソーラーシステムは、冬暖かく夏涼しいだけでなく、一年中床下を乾燥させ、住宅の耐久性向上に大きく貢献します。

  • photo
    高密度か湿度をコントロール

    日本の断熱材は、熱伝導率でのみ語られてきましたが、熱の伝わりにくさをより遅くするには、より高い密度が大切だということが分かってきました。マクスでは、間伐材等を利用した、不純物のない北海道産チップから作られる、木質繊維断熱材の推進をはじめました。密度60kg/m3の木の繊維が湿度をコントロールし、快適な室内環境を作ります。

  • photo
    シロアリ対策

    せっかく建てた家が、シックハウスで住めない!決して多くはありませんが、実際にそうして苦しんでいる方がいらっしゃるのも事実です。外周部を小さな部材に至るまで全て桧にし、法的には白蟻消毒をしなくても良い仕様にしていますが、それでも、万が一の白蟻も恐ろしいのもまた事実です。そこでマクスでは、人間・ペットには全く無害で、白蟻やヒラタキクイムシなどの昆虫による食害、腐朽菌による木部の腐りから、建築時の処理だけで一生効果が持続するホウ素系防蟻剤を使用しています。

  • photo
    素足でさらっとした感触

    床板には、杉・桧・松・桜・栗・胡桃など、お好みにもよりますが、無垢の床板をお勧めしています。ただ、一般に流通しているウレタン樹脂で表面がコーティングされた物ではなく、米ぬかワックスや、自然素材のオイル仕上げの物を使っています。それは、木の調湿作用を奪わず、梅雨時でも素足でさらっとした感触を楽しめるからです。

  • photo
    合成樹脂を含まない珪藻土

    室内の仕上げは、自然素材100%の珪藻土をお勧めしています。汚れをさっと拭き取れる機能性ビニールクロスなどの利点も確かにありますが、施工時の糊に含まれる様々な揮発性有機物質や、ビニールクロス自体に含まれる可塑剤など、室内環境においてマイナス面があることは否めず、またビニール製品の宿命として、静電気を帯びるため、汚れを呼び寄せて自らが汚れて行く事にも注目すべきと思います。その点、合成樹脂を含まない、本物の自然素材は、時を増すごとに味わいを増す経年美が楽しめるのが、お勧めする理由です。

  • photo
    メンテナンス性高い塗り壁

    外壁の仕上げも、漆喰をお勧めしています。自然素材100%の高知産の漆喰です。やはり、静電気を帯びないので汚れにくい点、経年美が楽しめる点、漆喰自体が最終的に還元反応で炭酸カルシウム、つまり石灰岩と同じ成分になって行くために、劣化が起こらず、メンテナンス性が非常に良いのがおすすめするポイントです。
    もちろん、塗り壁ですが下地は通気工法にして耐久性には十二分に気を遣っています。

  • photo
    外壁には本物の木を使う

    外壁には、漆喰と合わせて本物の木を張っています。木は、非常に腐りにくいウエスタンレッドシーダー。もちろん、ただカッコイイだけで木を使ってはいけません。家は家族の命を守る殻ですから、防火性能が付加された製品を使用しています。
    木の外壁は、家族の成長と共に時を刻みます。

  • photo
    室内環境の面からの玄関作り

    玄関ドアは、断熱・気密性能が高い、オリジナルの木製玄関ドアをお勧めしています。表面は、ウエスタンレッドシーダーの面材で出来ており、お手入れは必要ですが、本物の木の質感が楽しめます。

  • photo
    最適な光の設計も行う

    社員みんなと協力業者の電気設備職人と共に、照明計画の第一人者である山中敏裕先生から直接ご指導いただき、癒しの間接照明に取り組んでおります。

  • photo
    断熱性が非常に高いサッシ

    震災後、「出来るだけ電気を使わない家造り」、を目指し、サッシは断熱性が非常に高い、トリプルガラス(三層ガラス)の樹脂サッシを標準に用い、結露のない家づくりに取り組んでいます。
    分厚い断熱材と合わせ、北海道の高断熱住宅並の基準を常に目指しています。

  • photo
    理想のカタチを実現

    家造りをとことん楽しみたい!
    そんなお客様には、フルオーダーのキッチンやお風呂も、もちろん大歓迎です。

  • photo
    腐らず安全なウッドデッキ

    マクスのウッドデッキは、耐久性の高い桧を、大工が加工してから、防腐剤を圧力注入した後、塗装・組立を行っています。ですから、耐久性が違います。

  • photo
    薪ストーブ

    薪ストーブも、マクスの大好きなアイテムの一つです。暖房としての機能とともに心地よい空間と癒しを提供してくれます。

こだわりの木の家をご提案します!

マクスは、木の家が大好きです。素材にこだわって、熟練の職人の手で組み上げて行く、そんな木の家が大好きです。
マクスがご提案する、色々な木の家の形をご紹介致します。

  • 在来軸組工法

    photo

    集成材や新建材に頼らず、自然素材の経年変化を楽しむ。そんな家造りをご提案致します。

    詳しくはコチラ
  • びおハウス

    photo

    雑誌で見た、あの有名建築家と、マクスと、そしてあなたとで協力してつくる簡素な美しい家。

    詳しくはコチラ
  • パッシブソーラー そよ風の家

    photo

    今求められているのは『エコハウス』。太陽の熱で家を暖めしかも、夏は涼しいエコな家。

    詳しくはコチラ
  • 冨嶽町家

    photo

    平角スケルトン&ベース・ゲヤ。厳密な設計ルールに則った現代の新しい町家。

    詳しくはコチラ
  • 板倉造り

    photo

    新建材にたよらない本物の健康住宅。地震に強く、快適な住環境日本古来の伝統工法の家。

    詳しくはコチラ
  • ティンバーフレーム

    photo

    20年、30年で建て替えるのではなく、一生そこで住み続けられる子や孫に資産として残せる家。

    詳しくはコチラ
お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.