杜の家

杜の家

樹木が育つ自然の『森』に対し、『杜』は人が生活を営むうえでの心のよりどころを示すと同時に、鎮守の森を示す。浅間神社の鎮守の森とともに環境に調和した家、野鳥達が羽を休める敷地の中に佇む家、今までもこれからもずっとそこにある家。先祖からの土地に建つ家の建て替え工事は、昔から守ってきた森から大黒柱を切り出す作業から始まった。