薪ストーブ越しの眺望の家

薪ストーブ越しの眺望の家

広い茶畑の中に建つ家。日の当たる南方向には住宅もなく、眺めも良い。当然、そちらに大きく開けた開放的な間取りとし、広い吹き抜けに薪ストーブを設けた。建物の角に吹き抜けと大きな開口部を設けることで、耐震性が落ちないように、しっかりと構造計算を行って耐震性をチェック、最高等級の耐震等級3を取得している。