ティンバーフレーム

木の家:ティンバーフレーム

ティンバーフレーム 欧州の100年住宅

「ティンバーフレーム」というのは聞き慣れない言葉ですが、「ティンバー」は「材木」、「フレーム」は「架構」、つまり日本の在来軸組工法と同じように、「木造軸組」という意味になります。

外国の木造住宅が全てツーバイフォーというわけではなく、日本と同じように、「木を組む」と言う文化が特にヨーロッパで発達しました。

つまり、ティンバーフレームというのは欧州軸組工法とも言うべき工法です。

ティンバーフレームの最大の特徴は、その構造を見せると言う事です。

構造が全て見えるので、仕事に妥協が許されず、加工部分に腕をふるうのは、一昔前は当たり前であった日本の大工達と同じです。
手をかけて造り上げた建築は、日本の神社や古民家のように、欧州でも築百年単位で愛される木造住宅です。

※ツーバイフォーとは…
海外で発案された建築工法ですが、壁や床などの「面」で構成しているのが特徴的です。日本語では別名、枠組壁工法とも言われます。古くから日本にある木造建築には、柱や梁で構造体を造る軸組み工法が主流ですが、このツーバイフォーは、軸組みよりも簡単に建築することができ、工期が短め、しかも機密性・断熱性・耐震性も高く頑丈であることから、大変人気がある工法です。

ティンバーフレームで出来た家の事例

▶ 太陽の家
▶ 時を刻む家
▶ 受け継ぐ家

長寿大国日本における短命な住宅?

住宅の平均寿命

ご存じの通り、日本人の平均寿命は80年を超え、世界一の長寿国となりました。

ところが、統計によると、日本の住宅の平均寿命は、先進国の「80年以上」に対し、その1/3~1/4の25年ほどしかありません。

これは、発展途上国並みに短命な住宅に住んでいる、と言う事になります。

木造住宅だから25年しか持たない…?

日本は木造住宅だからこんなに寿命が短いのでしょうか?
それとも日本の技術力が世界に比べ甚だしく劣るのでしょうか?

 

決してそんな事は無い筈です。
法隆寺を始め、日本には、築1000年以上の木造建築物が今なお残る、世界に誇る木造建築技術を持った国です。

神社仏閣以外にも、各地の民家では、100年の時を経て今なお現役の家が多くある事も事実です。

今の住宅と何が違うのでしょうか?

機械化・自動化・簡易化され、新建材に頼った安易な家造り…。
木は「組む」ものである事を忘れ、「取り付ける」かのごとく建てられる様になってしまった結果であると、私たちは考えます。

shintiku_thimber12 shintiku_thimber5 shintiku_thimber1

ヨーロッパの伝統木造建築技術

ヨーロッパの伝統木造建築工法であるティンバーフレームは、日本の軸組工法と同様に、金物に頼らず、木を組む技術で高い耐久性を実現してきました。

マクスのティンバーフレームは、非常に耐久性が高く、現地でも幻の木と呼ばれる、樹齢150年以上の、カナダ産の天然のレッドシダーのみを、8寸角(24×24cm)の柱と梁に加工。

さらに、弊社大工による日本の軸組工法と組み合わせて、強固で高い耐久性と耐震性をもった住宅としてご提案致します。

20年、30年で建て替える様な家ではなく、自分が一生そこで住み続けられる、子や孫に資産として残せる家…。
これからは、日本の住宅も、そうあるべきだと思いませんか?

shintiku_thimber11
shintiku_thimber8
shintiku_thimber9

ティンバーフレームが出来るまで

マクスのティンバーフレームは、カナダの天然林で生まれ育った、樹齢150年~200年以上のウエスタンレッドシーダーで造られます。

ウエスタンレッドシーダーは、現地カナダでは、古くから、カヌーや電柱・外壁材や屋根材に使われてきた非常に腐りにくい木です。

ウエスタンレッドシーダーは、「米杉」という名前で知られていますが、実は杉ではなく桧の仲間。それは加工の際の香りで良く分かります。

厳しい自然の中で育ち、極度に目が詰んだこの木は、日本においても、抜群の耐久性で家をしっかりと守ります。

このウエスタンレッドシーダーを、8寸角(24cm×24cm)の極太の柱や、同じく極太で、長さも10mを越す一本物の梁として使います。

カナダの腕利き職人によって手加工されたこの材料を、現地工場から直接輸入し、日本に来てからは、マクスの職人がさらに桧の柱や杉や松の梁との仕口(接合部)を加工し、それをがっちりと組み上げます。

非常に高い耐久性と、非常に高い耐震性を持った、百年住宅です。

shintiku_thimber10 shintiku_thimber2 shintiku_thimber3 shintiku_thimber4 shintiku_thimber6 shintiku_thimber7

マクスの自然素材体感スタジオ

家を建てるなら、「健康な家」じゃなくてはいけません。
「シックハウス」なんて論外です。

~集成材や新建材に頼らず、自然素材の経年変化を楽しむ~

そんな家造りをご提案致します。

桧・杉・欅・桐・榧・胡桃等、無垢の木をふんだんに使い、素材の漆喰や塗料で仕上げた 自然素材体感スタジオを社内に併設しております。 気軽に遊びに来ませんか?

▶ お問い合せはコチラ

自然素材体感スタジオ