パッシブソーラー そよ風の家

木の家:パッシブソーラーそよ風の家

パッシブソーラー そよ風の家

高価な設備機器や人目を引く斬新な間取りの住宅。 でも実際には、住宅は温熱環境が良くないと、健康に快適に暮らす事は出来ません。 だからといって、窓を開けずに、24時間365日エアコンを付けっぱなし、と言うのも非常に不経済だし、何より体に良くありません。 春や秋の心地よい季節には、窓を思いっきり開けて、人も家も深呼吸したいですよね。そして出来れば、夏には出来るだけ『エアコンに頼らなくても涼しい』また冬には『暖房をガンガン焚かなくても暖かい』 そんな住環境こそが、健康で快適な住まいだと思います。 お陽様のあたたかさや心地よい風を上手に取り込み、家の中にいながらにして自然を身近に感じる事の出来る家。 次世代パッシブ・ソーラーシステム『そよ風』がそれを実現します!
パッシブソーラーそよ風プロペラファン

住む人にも環境にも優しい「パッシブ・ソーラーシステム」

「パッシブ・ソーラーシステム」とは、太陽の熱エネルギーを、有効利用する方法の一つです。 大がかりな機械や動力を使わずに、太陽の熱を蓄熱して暖かい家にする、と言う考え方です。 「そよ風」のシステムは、屋根面で集熱した熱を、床下のコンクリートに蓄熱するシンプルな構造です。 蓄熱した熱をダクトを通して床下に送るためにファン(プロペラ)を利用しますが、その電気代は電球一個程度で非常に経済的です。 暖かいと言っても、ヒーターやホットカーペットのように、熱さを感じる程の暖かさではなく、ほのかに暖かい、というものです。 ですから、夜間や曇りの日には当然別の暖房が必要ですが、出来るだけ少ない暖房器具を補助的に使う事で、家全体が陽だまりの様な快適な暖かさとなるように設計されています。 「そよ風システム」は、自然環境との共存を目指しています。
パッシブソーラーそよ風装置内

夏には、秋のような爽やかな心地よさを…

パッシブソーラーそよ風夏の昼そよ風矢印↓パッシブソーラーそよ風夏の夜

夏の排気・冷風循環運転

日中の熱い空気は屋根上で排気し、屋内に取込みません。 そして、熱い空気を追い出しながら、循環運転でエアコンの冷気を家中にまわして、涼しくする事も可能です。

そよ風は夏に涼しいソーラーシステム

夏の日中、屋根は高温になり、 上昇気流の原理で棟まで昇ってきた温風は、屋根の上で自然排気されます。 ダンパー板は屋内側を閉じて、屋根の排気熱は屋内には入りません。 だから、《そよ風》は夏に暑くないソーラーシステムです。 図は、暑い夏の日中に、屋根の上では排気をしながら、屋内では冷風循環運転がされている様子です。 エアコンの冷風を家中に広げるので、エアコンの冷風を直接受けることなく、屋内に秋の季節をつくります。 床下蓄熱層のはたらきで、小さなエアコンでも効果的です。

夏の夜は涼風取入運転

放射冷却現象を利用して、金属屋根で冷やされた空気を涼風として屋内へ取り込みます。 夜間に、日中の熱気を追い出して、翌日はさわやかな朝を迎えることができます。

そよ風は、涼しさをつくるシステム

夏の夜金属屋根は冷たくなります。 これは放射冷却現象と言われるものです。 夏の朝、外の車の屋根にびっしりと露がついているのは、この放射冷却現象により金属製の車の屋根がまわりの空気より冷たくなり、大きな温度差が生じて結露が発生したのです。 《そよ風》は、夏の夜この現象を利用して、冷たくなった金属屋根の裏側の涼風を屋内に取り込みます。 《そよ風》の家は夏の夜は、冷たさの蓄熱=蓄冷をします。 図はダンパー板が排気口を塞ぎ、涼風を取り込み、床下蓄熱層に蓄冷している様子です。 夜間に昼間の熱気を追い出して、朝になると、高原のさわやかさを感じることができます。

冬には、春のような陽だまりの暖かさを…

パッシブソーラーそよ風冬の昼そよ風矢印↓パッシブソーラーそよ風冬の夜

冬の温風取入運転

冬の日射を上手に取り入れて屋内の暖房によるエネルギー消費を軽減。 有り難いお日様を上手に利用します。

そよ風は、暖かい冬はあたりまえ!!

屋根下の空気流路に設ける採熱板は、屋根上にガラスを載せない場合により、今まで大きな問題であった、工事上もメンテナンスの点でも難しいガラスから解放されました。 冬の朝、日射があり棟温度が28℃以上になると、取込みファンがまわって温風を取込み、家の隅々まで温風が行き渡り、同時に床下蓄熱層への蓄熱がはじまります。 家中どこにいても陽だまりの温かさに包まれます。 日射がなくなると、ダンパー板は屋内側を閉じて、屋内または床下の熱が外に逃げるのを防ぎ、夜間は蓄熱層からの放熱で室温を保ちます。

冬の暖房循環運転

循環運転は、高いところにある空気と低いところにある空気を循環させて、家の中の温度を均一にします。 エアコンの冷気もストーブの温風もかしこく利用、エネルギーをこまめに無駄なく活かします。 冬の夜や曇りの時には、ストーブやエアコンの温風を家中に広げることも出来ます。

そよ風は、賢く家中を暖めるシステム

《そよ風》の家の高い位置にリターン口を設け、循環運転を選ぶと、1Fの空気をリータン口まで引っ張り上げて、床下に戻し循環させ、家中の温度を均一にすることが出来ます。 図は、冬の夜間にストーブを焚いて、その熱を循環運転で家中に広げている様子です。 一部の床だけ暖める床暖房とはちがいます。 家中に春の季節をつくります。

「そよ風」システムの特徴

ガラスなし集熱屋根

《そよ風》は不慮の事故やメンテナンスが大変な屋根集熱面でのガラスを必要としません。 空気流通路に”採熱板”を置き、効率よく温風・涼風をつくります。

システムが簡潔で費用がたいへん経済的

家の大きさや形で機材・部材の組み合わせが変わり、費用が経済的で合理的。 システムを稼働させる消費電力も、電球一個程度と省エネです。

夏が涼しく、屋内が暑くないので小屋裏が部屋として使える

夏の日中は直接屋根の上で排気し、不要な熱い空気を屋内に全く取り込みません。 暑くないので小屋裏へ上るのがいやじゃなく、収納物も傷みません。

機器まわりがすっきりし、小屋裏が広い

屋根裏から取り込みダクト1本のみです。 屋根裏を、小屋裏収納やロフトに広々と使えます。

涼風・暖房・循環が出来る

《そよ風》には、涼風取入れ、補助暖房、屋内空気循環の機能があります。 オプションでお湯採り(屋根の熱を貯湯タンクでお湯に変換)も可能です。

いつでも屋内空気循環機能が使える

温風・涼風の取り込み時以外、夏の日中でもエアコンの冷風循環機能が働きます。 暑くてクーラーを使うなら、その冷気を家中に循環させてさわやかに!

小型で簡単操作の制御盤

小型で高齢者にも簡単で解り易く、優しい操作方法です。

施主でも出来るメンテナンス・機材交換

工夫を凝らした機材設計により、基本的な機材・部材(含制御盤)の交換はお施主さんでも可能です。 小屋裏からの作業なので安全でやりやすく、専門技術は不要です。

パッシブソーラーそよ風設置の様子 soyokaze_img1

「OMソーラー」との違い

集熱空気の取込み方

OMソーラーは、集熱した熱い空気をいったん屋内の棟ダクトに取込んでから排出するため為、屋内が暑くなるり、屋根裏等が活用しにくいのに対し、 そよ風システムでは、夏場の無駄な熱い空気は屋根上で排気するので屋内が暑くならない。 その為、ロフトや小屋裏収納庫などに、屋根裏を活用しやすい。

屋内空気の循環機能

OMソーラーの循環運転は、暖房時のみ利用できるのに対し、そよ風システムでは、暖房時でも冷房時でもいつでも活用出来る。 これによって、屋内の温度差を小さくできるので、高齢者はもちろん、家族みんなが過ごしやすい。

部材

そよ風システムでは、OMソーラーに比べて屋内設置の部材が小さくて簡素。 その為、設置場所が小さくて済むので屋根裏等が有効利用出来る。

メンテナンス

そよ風システムでは、OMソーラーに比べ、非常に簡便なシステムなので、施主でも安全かつ容易にメンテナンスが可能。

経済性

OMソーラーは、多くの部材、専門的な施工・メンテナンスが必要で、初期費用・経費がかかるのに対し、 そよ風システムでは、簡素な部材で、メンテナンスも容易なので非常に経済的で、初期費用も半分程度に押さえる事が可能。

マクスの自然素材体感スタジオ

家を建てるなら、「健康な家」じゃなくてはいけません。
「シックハウス」なんて論外です。

~集成材や新建材に頼らず、自然素材の経年変化を楽しむ~

そんな家造りをご提案致します。

桧・杉・欅・桐・榧・胡桃等、無垢の木をふんだんに使い、素材の漆喰や塗料で仕上げた 自然素材体感スタジオを社内に併設しております。 気軽に遊びに来ませんか?

▶ お問い合せはコチラ

自然素材体感スタジオ