冨嶽町家

木の家:冨嶽町家

冨嶽町家

 町家というと、むかしながらの古い町並みを思い浮かべるかもしれません。確かに日本各地に美しい古い町並みがあります。ですが、「現代町家」は、単に懐古主義の家を建てようという運動ではありません。むかしの町家に学ぶべきことを学びながら、現代の町家とは何なのかを、地域ごとに見つけ、それを活かそう、というのが、私たちの考える現代町家です。「現代町家」は、建築家の趙海光さんが考案したデザイン・設計のルールをもとに、全国の工務店が、地域固有の住文化[町家の因子]を盛り込んでつくります。

 むかしの町家を町家ならしめていたのは、道に接し、隣家に接して、隙間なくびっしりと建つ、接道性と接隣性といわれます。屋根・軒・格子を連ね、それが調和を生み、独特の美しい、景観を醸し出していますが、現代の法律では、それは出来ません。法規によって敷地に空地が生じてしまうのが、今の家です。趙海光の現代町家は、この空地を部屋の一つに取り込む設計とも言えます。空地に木や草花を植え、そこを部屋の一部として内部化しながら、道路側にも開いて、家の前を通る人にもよき印象を与える、そんなあり方が現代町家なのです。

冨嶽町家の風景

建物の凸凹が空地を生む

現代町家はベース(母屋)とゲヤ(下屋)の組み合わせで設計します。敷地に、ベースとゲヤを配置すると凸が生じます。

ベースとベースを配置してゲヤで繋ぐと、そこに凹が生じます。

意識的に凸凹を生むことで、そこを寸庭、現代の「壷(つぼ)庭」にしようというのです。

この様なベースとゲヤによるプランニングで特徴的なのは、これまでの間取り方式(部屋を集めて構成する)とは異なることです。 今の家は、現在家族の要望を満たす「間取り」をプランの基本にしていまが、生活も家族も絶えず変化します。この間取り方式だと、使わなくなった部屋は物置になりかねません。

この考え方から脱却し、躯体となるベースを丈夫な一つの空間にし、内部はその時々に合わせて自由に自在に変化させることができるようにしようという設計思想です。

現代の「壷(つぼ)庭」

躯体は平角スケルトン

構造材となる隅柱(通し柱)は、阪神淡路大震災で問題にされた、接合部の断面欠損を避けるため、平角材(120mm×240mm)を用いています。

通し柱は、直行する日本の大きな二階の床梁(胴差し)を受けます。 この梁が刺さる位置を平角によってずらすことで、断面欠損の問題を解決しています。

そして、耐力壁は、ベースの幅に対して最低1/3以上を設けるルールを守ります。 この壁は地震から家を守るための耐力壁です。 開いたところに窓やゲヤを設けます。

構造材となる隅柱

ブラックボックスのない明快な家造り

現在の木造住宅は、間取りも複雑化し、法律の煩雑化とともに、それに対応させ同時にコストを抑えるためのプレカット化が進み、二階が一階を無視して乗るような、「見かけは派手だけど構造ルールを無視した間取り」が跋扈するようになってしまいました。

これは、法律上は問題ないけれども、構造上かなり不安定、と言う家が乱立することを示しています。

それを、この町の工務店ネットの現代町家は、明確で頑強な、ブラックボックスのない家造りとして、チーム内での共通ルールに則った設計システムを共有することでクリアにします。

冨嶽町家例

町の工務店ネット

現代町家は、私たちマクスのような全国の地元工務店が集まって勉強し、知恵を出し合い、切磋琢磨するグループである『町の工務店ネット』と、建築家の趙海光氏が中心となって行っている活動です。

▶ 趙海光の公式ホームページ

詳しくは、町の工務店ネットが運営する住まいネット新聞『びお』をご覧下さい。 「びお」の中では、現代町家に取る組むメンバー工務店で結成した全国現代町家連盟による専用ページで詳しくご紹介しております(こちら)

建築家の趙海光氏

現代町家ギャラリー

マクスの自然素材体感スタジオ

家を建てるなら、「健康な家」じゃなくてはいけません。
「シックハウス」なんて論外です。

~集成材や新建材に頼らず、自然素材の経年変化を楽しむ~

そんな家造りをご提案致します。

桧・杉・欅・桐・榧・胡桃等、無垢の木をふんだんに使い、素材の漆喰や塗料で仕上げた 自然素材体感スタジオを社内に併設しております。 気軽に遊びに来ませんか?

▶ お問い合せはコチラ

自然素材体感スタジオ