イベント

ブログ

ブログ

現場監督ブログ

胸を張れる仕事しか出来ません

ケンチブロックの目地埋め

こんにちは、勝亦です。
下の写真は、とある住宅地に積んであるケンチブロックの土留壁で築40年が経っています。
写真の角度から見ると何の異常も無い土留壁ですが・・・・・・・・
目地がボロボロで中が見える状態です。
お施主様からの御依頼で目地詰めを行ないました。
PHOTO019s-.jpg
PHOTO021s-.jpg
ケンチブロックの施工は、ブロックの背面に胴込コンクリートを打設してバイブレーターをかけ目地の隙間からセメントペーストがにじみ出るまで掛けます。
職人に聞いたところ検査の役人は名刺を目地に差し込んで検査をするとの事です。
当時(40年前)は検査が甘かったのか・・・施工がまずいのか・・・・
PHOTO018s-.jpg
養生をして既設の目地の撤去から施工開始です。
PHOTO101s-.jpg
PHOTO103s-.jpg
既設目地の撤去が終わりました。
PHOTO107s-.jpg
PHOTO113s-.jpg
目地を撤去してスケールを差し込むと・・・・・・ビックリです。
予想以上に中が空洞の状態です。
PHOTO109s-.jpg
目地にモルタルを詰められるだけ詰めて工事は終わりました。
 P.S
静岡県では、古いブロック塀の解体・撤去等で補助金が出ていますが
此方の様な古く危険な土留壁の補強工事にも補助金が必要ではないか・・・
と思う現場でした。

2013年02月18日

Post by kantoku

About Me

img

胸を張れる仕事しかできません。ブログでは、仕事ぶりや自分達も家に住み生活しているその様子も何かの役に立つかと思いブログに綴ります。

現場監督ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.