イベント

ブログ

ブログ

現場監督ブログ

胸を張れる仕事しか出来ません

ラス網張り施工

こんにちは、勝亦です。
富士市入山瀬の新築現場から・・・・・・
PHOTO007s-.jpg
外壁のラス網張り施工が完了しました。
ラス網とは、モルタルの剥落を防ぐためにモルタル下地として使用する金網の事で、亜鉛メッキ鋼板を原料としています。
それは、モルタルに含まれる水分やアルカリ性に対応する為です。
PHOTO019s-.jpg
PHOTO009s-.jpg
ラス網はもちろん波形ラスを使用しています。
波形ラスは、モルタル塗り厚を確保できる様に凹凸の加工を施して、JIS規格品に規定されています。
凹凸等の異形加工されていない平ラスは、外壁モルタル下地としては不適切とされています。
住宅瑕疵保険の設計施工基準でも不適格であり、フラット35は利用出来ません。
PHOTO001s-.jpg
波形ラスの張り方は、縦張りで、又、千鳥張りにて施工しています。
外壁は、一回目の下塗りを待つばかりとなりました。
工事の進捗状況は、又、紹介をしたいと思います。

2013年01月31日

Post by kantoku

About Me

img

胸を張れる仕事しかできません。ブログでは、仕事ぶりや自分達も家に住み生活しているその様子も何かの役に立つかと思いブログに綴ります。

現場監督ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.