イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

Fair

先日のこと。

とある方からお仕事のご紹介をいただきました。
ご依頼の内容は…

・知り合いが某建設会社で増築の話を進めている
・数坪の増築なのに、一千万以上で高すぎると思う
・もっと安くできる所を紹介すると言ったら、是非にとのこと

工事をなさる先方様からも、弊社に連絡があり、
「図面があるのでそれを見積もりしてもらえませんか?」
とのことでした。

そこで、弊社監督が先方にお邪魔してお話を伺ったところ、
・図面はかなり詳細に完成していた
・地盤調査を含め、かなり綿密な事前調査も行われていた
・見積も見たところ、少々高いかなという感触はあったものの高すぎではない

さて、あなたが伺った営業マンだったら、何と言いますか?
反対に、もしあなたが工事をする当事者(施主)だったら、何と言って欲しいですか?


もし、「仕事を“とる”」のが目的なら(ま、営業の仕事と割り切れば)、
「うーん、やっぱりちょっと高すぎですね。
 弊社なら5~10%くらいはお安く工事出来ますけど…」

こう言えば、おそらく労せずして一千万クラスの工事が受注出来そうですね。


工事を依頼する側の立場だったら、一万でも二万でも安くする方法はないか…と、図面や見積書を見て毎晩頭を悩ませていたのに、いきなり100万近くコストダウン!


いかがでしょうか…?
実際、おそらく毎日のようにその辺で起こっている風景です。

でも、やっぱりフェアじゃない。

目に見えないだけで、つまり金額として計上しないだけで、調査・打合せ・プランニング・図面の作製・見積…これらの仕事には、既に数十万円も掛かっています。
だから、それをやらなくて良いのだから、それを元にすれば後から来た業者は安くできるのは当たり前。
最初の業者は、受注して工事を完成させて初めて、利益の中から目に見えない経費を改修出来るわけです。

「余所の会社の見積をお持ち下さい。それより安く工事します!」
と、恥も外聞もなく、声高らかに宣伝しているのを見ることがありますが、そうまでして安いのと、いい仕事をするかどうか、は別。


さて、弊社現場監督が打合せから帰ってきて報告を受けました。
「『これ位はかかると思いますよ。どうしてもと仰るならお見積しますけど…』 ってお伝えしたら、
 『急ぐのでいいです。来てもらったのにすみませんでした』 となりました」

妥当だと思います。


「そんな甘っちょろいこと言ってたら生き残れねーんだよ!」
って言われるかもしれませんけど、

s-130730

2013年07月30日

Post by 株式会社 macs

カテゴリー:社長ブログ, ☆日記・育児

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.