イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

正直で几帳面

昨日のブログで、「正直」という名前の巨大鉋(カンナ)をご紹介しましたが、その際に、
「正直者の由来なのか…?」
と書きました。
そう言えば、建築用語が日常に使われている例を随分昔に書いた事を思い出しました。
s-130517 (1).jpg
7年前の写真です。
材木屋からケヤキの古材を貰ってきて、しめしめ…としている顔です。
s-130517 (2).jpg
現役を引退していた、宮大工だった大叔父を引っ張り出して、チェーンソーでカットし、
s-130517 (3).jpg
会社の作業場でみんなの手を借りて、
s-130517 (4).jpg
加工し、
s-130517 (5).jpg
継ぎ手を作ったこの材料の四隅の角、そのままでは、ぶつかると凹んだり欠けるし、尖っていて人が触ると怪我をするので、角を丸めます。
この角を丸めるのを、「面を取る」というのですが、面の取り方にも色々な種類があり、
s-130517 (6).jpg
この柱に施したのが、「几帳面(きちょうめん)」。
几帳面な人、ってここからきてますね。
ちなみに、この材料は何に使ったかと言いますと、
s-130517 (7).jpg
s-130517 (8).jpg
s-130517 (9).jpg
あるお寺の入り口の柱の根本が腐ってしまったので、その部分の取り替え工事に使ったのでした。
正直で几帳面な鈴木がお伝えしました…。

2013年05月17日

Post by 鈴木 克彦

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.