イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

富士市 キッチンストーブの家 上棟1

先日、富士市の新築住宅、無事上棟しました。
本日と明日の二回に分けてその様子をご紹介させて頂きます。

富士市 新築住宅 上棟作業

早朝、現場に集合。
工事の無事を祈りつつ、はやる気持ちを抑え、作業開始を待ちます。

富士市 新築住宅 上棟開始

作業開始っ!
安全に、正確に、素早く…。

富士市 新築住宅 通し柱

新しく社員大工として加わった高田も、真新しいユニフォームとヘルメットで、マクス初の上棟です。

富士市 新築住宅 社員大工

とは言っても、もう20年以上、数々の現場で大工として働いてきたベテラン。
身軽で手早い!

富士市 新築住宅 社員大工の気迫

イメージとしては、こんな感じで気迫のオーラが(笑)。

富士市 新築住宅 社員大工の覇気

社員大工としては先輩の丸山大工も、テキパキと手伝いの大工に指示を出します。
(画像処理が高田より手抜きだな…笑)

社員大工が増えたことで、私の設計の意図を忠実に形にしやすくなり、頼もしい限りです。

富士市 新築住宅 天竜材で上棟

組み上がるのを待つ天竜の杉梁も、心なしか嬉しそうです。

富士市 新築住宅 上棟作業風景

それにしても、気持ちの良いロケーションです。

写真で柱が緑色に見えるのは、ホウ酸防蟻・防腐剤を塗る際に、施工箇所が分かるように着色をしているためです。

富士市 新築住宅 ホウ酸処理

事前に塗ってありますが、上棟前に塗れなかった部分は、助っ人の現場監督の宮川が塗り塗り。

富士市 新築住宅 上棟作業 小屋

素晴らしいチームワークで、もうロフトの床です。
仕上げなので、高所ですが、靴下で施工。滑らないように慎重に…。

富士市 新築住宅 Jパネル

今回も杉の三層積層パネル(Jパネル)で二階の天井とロフトの床を兼ねます。
地震に耐える水平構面をガッチリと作り、同時に床と天井の仕上げが出来るので、材用は高いのですが、結果としてコストを抑えられます。

ビスは化粧だからピッチを守って通りを出して…、抜け節は埋木をして…。
注文ばかりうるさい私にみんなテキパキと作業を進めてくれます。

富士市 新築住宅 断熱処理

現場監督の城内は指示に作業に大忙し。
写真は、ボルトの加工穴を、断熱の弱点にならないように、ウレタンフォームで埋めているところです。

富士市 新築住宅 梁接合部補強

そうかと思えば今度は金物。
写真を撮るときの笑顔も忘れません(笑)。

構造計算によって、ここは大きな力がかかるので、梁のジョイントを左右からホールダウン金物で引っ張り合います。

富士市 新築住宅 ホールダウン金物

最高等級の耐震等級3を取るために構造計算をすると、この様な箇所が沢山出てきます。

富士市 新築住宅 通し柱の補強

こちらは、通し柱と胴差しという外周部の梁を、やはりホールダウン金物で引っ張っています。

矢印の黄色い部分は、先ほど城内監督がウレタンフォームを詰めた部分。

富士市 新築住宅 熱橋を無くす

膨れて固まったらカット。
これで、断熱の欠損を無くして行きます。

ちなみに上の写真では、梁のジョイント部は先ほどのホールダウン金物ではなく、フィックステンプレートというステンレスの薄い板で留まっています。

場所に応じて必要な力が変わるためです。
これらも全て構造計算によっています。
「木造住宅は構造計算しなくていいよ」という悪法は、早く撤廃すべきだと思います。

昨日も書きましたが、この様な部分は、建ってしまえば見えなくなります。
断熱に関しては、体感出来るほどの差になるかどうかも不明です。

が、やった方がイイと思うし、やった方が気持ちがイイです。
だから、きっちりやります!
明日に続きます。

また、断熱については、日曜日の勉強会で詳しくやります。
大事なことですので、一度勉強してみませんか?
お申込は下記よりお願いします。

富士市 マクス勉強会 家づくり教室

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.