イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

モルタル造形 トラバーチン

またまた行っちゃいました。モルタル造形講習会。
ハリーポッター等のアトラクションの造形の現場で実際に施工・指導をしている先生(と言うか私から見るとモルタル造形アーティスト)から直々にノウハウを教えて貰う貴重な機会です。

全国から集まったプロの左官屋さんの中に、何故か工務店のオッサン。
浮いてるけど気にしない気にしない…。

静岡県富士市のマクス モルタル造形 下地

というわけでさっそく。
まずは下地。
造形様モルタルを塗って位置出し。

今回はトラバーチンなので、平滑が命。

トラバーチンとは、地下で溶け出した石灰質が、再沈降・硬化して層になったものです。

s-14093006

こんな画像見たことありますでしょ?
世界遺産のヒエラポリス-パムッカレです(画像はネットより拝借)。

この景観を作り出しているのも、まさにトラバーチンです。
もろいので外部にはあまり使われませんが、切り出して磨くと独特の縞模様が美しく、内装材として利用されます。

ちなみに、建材で「トラバーチン」という名前で、ロックウール板に模様を付けて売っているので、アレがトラバーチンだと思っている人が居ますが、本物は全然違います。

静岡県富士市のマクス モルタル造形 アイアン

で、その独特の多孔質を表現。
アイアンボードもおまけにデザイン。

静岡県富士市のマクス モルタル造形 ペイント

トラバーチンのもう一つの特徴の縞模様を着採してゆきます。

静岡県富士市のマクス モルタル造形 トラバーチン模様

こんな感じです。
なかなかそれっぽいでしょ?

静岡県富士市のマクス モルタル造形 トラバーチン完成

最後に、ハイライトを入れて微調整。
アイアンにも錆を入れます。
ディテールにどこまで凝るかがモルタル造形の醍醐味で、リアル感が有るか無いかの分かれ目にもなります。

いやはや、楽しいっ!
ますます、ハマるっ!

さて、今回会得した新たな技術で、あの家の…と密かに画策するのでした。

そんな「あの家」の構造見学会のお知らせです(密かじゃないじゃないか!)。
【富士宮市 予約制構造見学会】のお知らせ

富士宮市 新築住宅構造見学会

2014年09月30日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.