イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

構造まで及ぶのがリノベーション

防災の日も近いことですし、本日も昨日に引き続き、富士市のリノベーション工事の耐震ポイントをご紹介して参ります。

リノベーションとは、耐震性・断熱性・快適性を、建てたとき以上に上げる工事、とマクスは考えています。
ですから、建てた時を100とすると、
・年を経て、50,40,30…と下がってきたものを80とか、頑張って100、にするのがリフォーム
・150とか200にするのがリノベーション、
そんなイメージですね。

当然、構造面で弱いところがあったり、間取りの変更でより強くしたいところが有れば、耐震上の検討は当然構造にまで及びます。

富士市 リノベーション 耐震工事

構造用の金物でもしっかり固定します。

富士市 リノベーション 柱の耐震金物

これは柱の抜け防止

富士市 リノベーション 大梁の耐震金物

新しく入れた梁の補強に、

富士市 リノベーション 小梁の耐震金物

こんな金物も。

おっと、この写真では、昨日のブログで塞いだはずの水平構面が塞がれていない…。
こちらは明日に続きます。

2014年08月20日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.