イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

壁だけ強くしてもダメなんです

夏休みも終わって本気モードで行ってみましょう。

富士市のリノベーション現場です。

s-14081901

時間は少々遡りますが、盆前に屋根の工事をしているところです。

このお宅は平屋です。
が、そこに、「二階の床?」
いえ、違います。

「ロフトでしょ?」
いえいえ、違います。

s-14081902

下から見上げるとこんな感じ。

正解は、「水平構面」を作ったのでした。
簡単に言えば、水平方向にある耐力壁、みたいなイメージです。

分かりにくですか?
これならどうでしょう…。

s-14081903これは、マクスの勉強会「家づくり教室」でお話ししている一場面です。

日本の建築物は、「建築基準法」で「構造計算によって安全性を確かめる」事が義務付けられています。
ですが、木造二階建てまでは、「ま、特別にいいにしよっか」、という意味不明な特例があります。

何年も前からこの特例を廃止すべきという意見があるのに、色んな圧力があって、無くなりません。

今回の平屋のお宅のリノベーション。
築40年以上なので、今構造計算をして、厳密に現在の耐震基準に合わせて、というのは無理です。
基礎ごとやり直す訳にはいきませんので…。

なので、リノベで構造計算をしているわけではないのですが、マクスでは現在、新築住宅では全棟構造計算をして建築基準法の1.5倍の耐震等級3としています。
上の写真で言えば、広告でよく見る
「建築基準法の1.5倍の壁の量があるから、耐震等級3相当です!」
とかじゃありません。

なので、その新築での構造計算の経験を生かしてリノベーションの耐震計画を立てています。

2014年08月19日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.