イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

枠の内(わくのうち)

5月になりました。
振り返ると先月は出張ばかりで会社にいなかった様な…。

というわけで、久しぶりにミニ建物探訪シリーズです。
今回お邪魔したのは富山県。

リノベーション現場にて

長らく放置されていた古民家を、建築家の河合俊和氏と、前川建築さんのコラボで再生させた建物です。
ちなみに、前川建築さんのホームページでは、この家の工事風景がバックナンバーで見ることが出来ます。

リノベーション現場にて 和室

この様な立派な和室があったかと思えば、

リノベーション現場にて 水回り

水回りは現代的に。
(珪藻土が工事終了直後で乾いていないので、まだムラがあります。)

でもなんと言っても圧巻なのは…

リノベーション現場にて 枠の内

こちら。

これは、富山の伝統建築に見られる「枠の内(わくのうち)」という工法です。

枠の内の梁

束と貫で高さを取った位置で、極太の太鼓梁が幾重にも組み合わさっています。

リノベーション現場にて 枠の内のリビング

スゴイです!
写真中央は新建新聞社の社長。
やはり唸っていました(笑)。

富山では、この様な建物が数多く残っているものの、昔の建物なのでやはりとにかく寒く、使われずに放置されている物が多いのだそうです。

今回見学させていただいたのは、見た目を立派にすると言うよりも、現代の快適な住環境にすべく、この様な伝統的な建物を、高断熱化しているところが凄いところです。

そう、お化粧直しのリフォームではなく、建てた当初よりも、耐震性も断熱性も快適性も向上させる、本物のリノベーションです。

ご覧の通り、普通の一軒家を建てた方が遙かに安いのは明らかですが、伝統的な価値ある建物を直して使い続けるという、大きな意義を感じました。

2014年05月01日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.