イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

姫路城にて

先月は姫路にも出張しました。
時間が少しあったので、ここはやはり、世界遺産の姫路城に行って来ました。

s-14050801

新幹線から見えるのでご存じの方も多いと思いますが、姫路城は前回の大改修より45年の時を経て、天守の大改修工事が行われています。

2009年からの工事で、来年の春までかかりますが、仕事がら、工事風景も楽しいものです。

が、最近石積みとか見ると…、

s-14050802

「ふむふむ、この岩肌が…」とか

s-14050803

「この木肌のヤレ具合と、鉄部の錆び加減が…」とか、
ますます一般人と違うところばかり見ている私。

うーん、モルタル造形にだいぶ毒されてるなぁ…。

s-14050804

展示を見ても、
「あっ!日本の左官屋さんの道具の中に、モルタル造形のオーナメントツールに瓜二つ!」
とか。

MTT-TS080

 

↑これです。オーナメントツール。
オーナメントは装飾。この道具でモルタルを削り出して模様を作ります。

s-14050805

いかんいかん、建築のブログでした。
姫路城の素晴らしさは、検索すれば山ほど出てくるので、あまり出て来ない地味なところを攻めてみましょう。

上の写真は、西の丸の窓の桟の部分。
西の丸長局は、通称百間廊下がある長い建物。

百間(一間=1.82mだから、約180m)。
百足の足も百本も無いし、長さを大げさに言う表現でしょ?と思ったら、実際には121間もあるそうです。
一番奥には千姫の部屋もありました。

で、それはさておき、アルミのカバーは後から付けたとして、中央のパイプは当時から有る排水パイプなんでしょうね。
建具を腐らせない様にする工夫でしょう。

s-14050806

こちら城壁の穴。
一緒に行った同業者のお友達と、なぜ丸と三角と四角があるか議論になりましたが、後で調べたところ、
四角は弓矢用の弓狭間(ゆみはざま)、丸と三角は鉄砲用の鉄砲狭間というそうです。

狙いやすさ=実用で四角と三角をわけるのは分かりますが、何故に丸…?

きっと、ここから応戦するまで敵に攻め込まれてしまったら、もう負け戦なので、実用よりむしろ、デザイン的な機能美なのでは?
と、かってに推測。

s-14050807

 

最後はおまけです。
姫路城は工事中ながら、ただいま大河ドラマで軍師官兵衛がやっていることもあり、地元は盛り上がってました。
写真は「軍師官兵衛展」の官兵衛の部屋(NHKのセットを再現)。
障子の向こうの緑と塀が、今の住宅でも素敵なバランスだと思って撮影しました。

2014年05月08日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.