イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ライフサイクルコストで外壁を選ぶ

本日も、富士宮市の新築住宅からです。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

富士宮市新築住宅 シックイの壁と木の外壁

内部だけでなく、外部もだいぶ進んできました。

真ん中の大きな部分の向こう側(右側)に、車庫を挟んで物置があり、屋根で繋がっています。
地震に対する最高等級の耐震等級3を、許容応力度設計という構造計算によって取得していますが、その際、基礎は別の建物、屋根は同じ建物、とちょっと複雑な計算で、建物の偏芯率の安全性を確認しています。

と、そんな難しいことはおいておきましょう。
メインが木の外壁に、向こう側の物置が白く見えますが…

富士宮市新築住宅 木の外壁とシックイの壁

こちらは、もう少し時間が経った写真(さらにアップ)。

実は物置が本物の木の外壁で、メインの建物は、白いシックイ仕上げとなります。
最初の写真の木は、シックイの下地のモルタル、+さらに下地の木摺りでした。
(この写真では、その木の下地の上に防水紙と鉄の網が施工されています)

マクスの外壁は、ほとんどがこのシックイか本物の木、ですが、それは単純に「好き」というのも勿論ありますが、それだけではありません。

窯業セメント系サイディングに必須の目地コーキングの打ち直しや、ALCや吹き付け仕上げに必須の塗り直しなど、建てる時だけでなく、建ててからのメンテナンスの費用も考えて、シックイや本物の木にしています。

シックイや本物の木は、窯業セメント系サイディング・金属サイディング・ALC・吹き付け仕上げなどなどと比べると、建築時のコスト(イニシャルコスト)は高いのですが、10年後(&10年毎)に足場を組んで目地の打ち直しや塗装をすることを考える(ランニングコスト)と、シックイや本物の木の方が、かなりお安いと思います。

建物の寿命が30年と言わせる日本ですが、これからの社会情勢を考えると、30年後に建て替えや大がかりなリフォームなどが非現実的なのは明白。
となると、40年・50年・60年と長持ちする家づくりを考えなければならず、
その長寿命の住宅の生涯=ライフサイクル
でのコストを考えるべきだと思っています。

2014年05月15日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.