イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

木質繊維断熱材の工場見学

昨日は北海道に行って来たご報告をさせていただきましたが、
北海道では、一応、少しだけ、申し訳程度に、仕事もしてきました。

s-14021301

行ったのはこちら。
北海道は苫小牧の、木の繊維株式会社の工場。
そうです、マクスが現在標準で使っている、木質繊維断熱材(ウッドファイバー)を作っている工場です。

s-14021302

木の繊維株式会社では、最高40kg/m3の密度の製品を作っていますが、マクスが使っているのは、町の工務店ネットの特注品である、60kg/m3の密度の特注品。
高密度ほど、熱容量が高く、建物の温度変化を抑える優れた断熱材になります。

それが、どんなところで作られているのかを、自分の目で見てきました。
上の写真は、説明と案内をしていただいた、渡部工場長です。

右のチップをすりつぶし、繊維状にして、断熱材を作ります。

s-14021303

チップは北海道のカラマツの間伐材(右)。

左にあるバークというのは皮。
チップを繊維状にほぐす際には、煮て柔らかくしなければなりません。
そして、乾燥させるためにボイラーも使います。
これらのボイラーに、このバークが使われています。

エコな素材の木の繊維株断熱材ですから、製造段階でも化石燃料を使わない、とってもエコな工場です。

s-14021304

上の写真はカラマツのチップ。
苫小牧は、ホッケーで有名な王子製紙の本拠地である様に、製紙が盛ん。
このチップも、製紙工場で使用されるのと同じものです。

s-14021305

工場は凄く広大な敷地と巨大な機械が沢山あるのですが、機械は断熱材先進国のドイツ製。
残念ながら、ドイツとの取り決めで、工場内部の写真はNGでした。

こんな大きな施設なのに、少ない人数で動かしているのにはビックリ。
コンピューター管理で高度にオートメーション化されていました。

やっぱり、自分の目で見ておくと、その商品への愛着が違います。
工場の皆さんも、自分たちが誇りを持って作っている現場を見に来てくれて嬉しい、と喜んでもらえました。

2014年02月13日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.