イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

地震に負けない基礎作り その2

金曜日の基礎工事の続きです。
が、金曜日とは別の、富士宮市新築現場です。
どちらも、自然室温で暮らせることを目指す『びおハウス』です。

こちらのほうが、やや進んでおりまして、写真は配筋の外部検査を受ける直前の様子です。

s-14021001

金曜日のブログで、
外周部だけでなく、中央に大きな「ミゾ」があるのが「ミソ」です。
と書きました。

s-14021002

これがその「ミソ」。

s-14021003

大きなミゾに合わせて、鉄筋の梁が組まれているのがお分かりいただけると思います。
基礎が完成してしまうと分かりませんが、ベタ基礎の下に、鉄筋コンクリート製の梁が出来ることになります。
地中梁」と言います。

・どこに、どの程度の地中梁を入れるのか…
・その地中梁の鉄筋の本数と太さとピッチは…

そういったことは、全て建物によって異なり、一棟一棟、許容応力度設計という構造計算によって、最高レベルの耐震性能である「耐震等級3」の計算をしています。

だから例えば、計算の結果により、地中梁の左右で鉄筋の間隔も違うのです。
やっぱり見えなくなる所が大事ですね。


【イベントのお知らせ】

富士市 薪ストーブ料理体験会

2014年02月10日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.