イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

薪ストーブの煙突掃除3

だんだんと本格的に寒くなってきましたね。
いよいよ薪ストーブシーズン到来です。

静岡県は暖かい地域。
まして富士市みたいに冬に風が吹かない所は、薪ストーブなんて…、と思われるかも知れませんが、一度薪ストーブにあたったらもう病みつきです。
今日などは、我が家では「朝薪ストーブ初日」でした(夜はもう大分前から…)。

沼津市の新築住宅の薪ストーブ

でも、家の中で火を使うわけですから、安全第一は絶対です。
その意味もあって、私からご提案したお宅には、毎年私が煙突掃除に巡回しております。

上の写真のお宅、最初のシーズンは、薪の乾燥が不十分で、さらに、「だめよ」と言ってるのにお茶ガラなどまで面白がって燃した結果、ススが大量に煙突出口にこびりつき、それがパチパチ燃えるという、危ない状況に。
「だから言ったでしょ!」
と厳重注意して、以後真面目に薪をストックして、乾いた薪を使っていただいき…

沼津市の新築住宅の薪ストーブの煙突掃除

煙突のススは劇的に減少。
「優秀・優秀!この調子でお願いしますね」
と、今年は笑顔でお掃除です。

富士市の新築住宅の薪ストーブの煙突掃除

次はこちら。
こちらはさらに優秀。
雨が一切かからない場所に薪を大量にストックしてあるためか、煙突はほとんど掃除必要ないレベル。

富士市の新築住宅の薪ストーブの本体掃除

このお宅のストーブは、触媒方式なので、まずは、ふたを開けて、触媒の上のカバーをお掃除。
このカバー、もの凄く脆いので、そーっと、そーっと、お掃除です。
そしてこのカバーを、生まれたての赤ちゃんを扱うように、そ~っと取り外すと、

富士市の新築住宅の薪ストーブの触媒掃除

この丸いのが触媒。
町中ですと、この触媒方式が煙が最も少なくてお奨めです。

もっとも、二次燃焼が始まれば、どの薪ストーブでも、煙はほぼ見えません。
もちろん、乾いた薪を使うのは大前提ですけど。

 

【富士市 二階リビングの家 構造見学会開催!】 詳細はこちらから富士市 構造見学会のお知らせ

2013年11月12日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.