イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

煙突効果で風が抜ける

10月に入りました。
もうすぐ年末です。
ホラー映画より怖い現実ですが、ゴキブリの方が怖いので、気合い入れて頑張りましょう。

s-13100201

さて、10月最初のブログは、三島市の木造三階建て住宅からです。
自然室温で暮らせる家づくりを目指す「びおハウス」です。

構造見学会の報告をしたと思ったら、大工工事が終了のブログになってしまいました。
すみません…。

こちらは二階のLDK。
手前がキッチンの付く場所です。
大きなサッシの外には、これまた大きなウッドバルコニーが付きます。

s-13100203

こちらは三階。
屋根が片流れで、勾配天井になっています。
天井の上部をみてゆくと、開いているのが何となくお分かりいただけると思います。

s-13100204

その先はロフト。

s-13100202

ロフトへは、ハシゴではなくちゃんと階段で上ります。
以前は階段があると「階」になってしまったので、ロフトは「はしご」で登るというのが定番でしたが、
現在では、天井高が1.4mを越えなければ、階段でもロフトとなります。
その時の法律によって、変わってしまうのはちょっと理不尽も感じないではありませんね。

s-13100205

ロフトに登ると、先ほどの天井の隙間が見えます。
ロフトには窓もあります。

熱い空気は、軽いので、上へ上へと登ります。
家の一番高い所に窓があると、そこから空気は出て行きます。
出た空気の分だけ、外の窓から外の空気が入ってきます。

こうして、風がないときにも家に風の流れが生まれます。
この様な効果を煙突から風が抜ける様なので、「煙突効果」と言います。
空気の重さを利用した換気法なので、「重力換気」とも言います。

ちなみにこのロフトですが、普通の断熱では、夏は暑くて居れたものではありません。
が、屋根には24cmの木質繊維断熱材がぎっしり入っていますので、真夏にもここで昼寝が出来ます!

2013年10月01日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.