イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

家を建てたらママは優しくなるか?

もう9月も今日で終わり。張り切って参りましょう!

さて、土曜日は、塗り壁体験会を開催させていただきました。

s-13093001

篠原総務部長が、霧吹きでシュッシュしていますが、何にシュッシュしているかと申しますと、夏休みのイベント「光る泥団子作り&塗り壁体験」で、親子さん達に塗っていただいた珪藻土です。

当然、まる二ヶ月が経過しているわけですから、カチカチに固まってます。
でも、ご覧のように水を掛けると…

s-13093002

あーら不思議、剥がれちゃいます。
これを練って、再度塗り壁体験をしていただきました。
合成樹脂などの繋ぎや、化学ノリ(ボンド)等を全く含まない、自然素材100%の珪藻土なので、何年経っても、この様に再利用が出来ちゃうわけですね。

そんなご説明をさせていただきました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 

で、ここでちょっと「想像」してみて下さい。
あなたは今、賃貸アパートにお住まいだとします。
そして、近々夢のマイホームの計画もあります。

ある時、ふと気が付くと、子どもが「!」

s-13093003g

あーあ、やっちゃいました。
ビニールクロスにボールペンでガリガリガリ…。

この時ママは言います。
「○○ちゃん、だめでしょ!ここは書いちゃダメなの!」

そして思います。
「ま、しょうがないか…。
 どうせここのアパート出るときに壁紙張替で、敷金なんて、たいして戻ってこないだろうし…。」

…よくある光景ですね。

さてこのご家族が、夢のマイホームに引っ越しました。
そして同じく、ふと気が付くと、子どもがまたまた、ビニールクロスの壁にガリガリガリ…!!!

「あ”~っ!もう、何てことしてくれるのよっ!
 ダメって言ったでしょ!!
 この家いくらかかったと思ってるのよぉ!!!
 もうイヤ~っ!!!!
 泣きたいのはこっちよおおおお!!!!!」

でも、ここで、霧吹きで、シュッシュシュってやって、簡単に補修が出来たら、こんなにテンションMAXで怒らなくても良いのではないでしょうか?

子供達をのびのび育てたい、家族で楽しく暮らしたい、そんな思いで建てた家なのに、アパート時代よりもママが優しくない…なんておかしいですよね。

そんな意味もあって、自分で補修が出来ちゃう、自然素材100%の珪藻土、私はお奨め致します。

 

2013年09月30日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.